忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[20]  [25]  [18]  [17]  [19]  [16]  [15]  [11]  [14]  [10]  [13
2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/09 (Mon)

<あらすじ>新人作家の権威ある文学賞受賞の知らせが飛び込んだ花岡町子(藤山直美)。受賞の騒ぎで、すっかり忘れているようだったが、健次郎(國村隼)のプロポーズに対してまだ返事をしていない。翌日から町子の生活は一変する。健次郎と会う時間もないまま、町子の多忙な日々が続く。子どものころからの夢だった小説家として本格的に仕事を始めた町子。健次郎への返事は気になりつつも、今はただ、書くことに夢中の毎日だった。


先週は急展開でしたが、今週一発目はどんなんかな~(^^ゞ
あ、小西美帆さん、出演者の4番目に名前があった(*^_^*)
町子さん、事務の仕事をしていただけあって電話の応対が上手い(^^ゞ
夕暮れまで徳永先生が来てるのをずっと忘れていた町子さん、そりゃセンセがかわいそうでっせ(>_<)
 
お、卓袱台を4人で囲むシーン、新鮮な感じ。ドラマの食事シーンって、役者の顔を見せるためにどうしても不自然な配置になるんですよね。それの究極の形は森田監督の「家族ゲーム」でしょうか。芋たこでは、顔の見えない西くんには申し訳ないけど、ひとりだけカメラに背を向けている構図って、リアルです(^^ゞお母さんも弟も、徳永センセと町子に気を使って席を立つ。ちとわざとらしいけどほほえましい(*^_^*)
 
記者会見の町子さん、コーヒーカップとシュガー入れを間違えて…天然なんでしょうか(^^ゞ
あれれ?篤田川賞受賞パーティの会場、「第三十回」って書いてある。。第五十回じゃなかったっけ?パーティーとしては三十回目ってことで合ってるのかな…
思い切りマイクに頭ぶつけて、役者魂感じます(^_^)v
 
翌日の新聞には「第五十回~」って書いてあるから、パーティーの回数でよかったのね(^^ゞ
徳永センセの妹さん、町子とセンセが付き合ってるのは知ってる様子。この時点でセンセは、付き合っている相手が作家ということはあまり意識してないのかなぁ。
 
うどんを美味しそうにすする町子を見て、ニコニコしてるセンセ。分かるなぁ、その気持ち。美味しそうにご飯を食べる女性を見ていると僕も嬉しくなるほうです(^^ゞ
町子がうどん屋を去るとき、プロポーズの返事をなかなかもらえない徳永センセの背中がさみしそうだったなぁ。。それは町子も気にしてるんだよね。
 
千葉先生こと筒井康隆さん、貫禄ですね。筒井さん、実際に小説家であって役者経験もいっぱいあるから大先生の風格が良く出てます。今年は筒井さんの作品が映画化されて色々出ましたね。「時をかける少女」のアニメとか「日本以外全部沈没」とか(笑)
 
徳永医院登場。た、鯛子さんだぁ~(^O^)/
子供と一緒に口開けちゃって、可愛い看護婦さんです(*^_^*)
あ、片平鯛子さんのプロフィールでは「看護師」と書いてあるけど、時代考証の見地と哀愁を込めて、このブログでは「看護婦さん」と呼ばせていただきます(^_^)v
 
徳永センセの再婚に対する考え方、「子供に相談することじゃない」「まずは夫婦」、なるほど。センセの家庭観に住職も納得のご様子(^^ゞ
センセはいつになったらプロポーズの返事をもらえるのか。。
明日も気になる~

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
片平鯛子 小西美帆
神田みすず 友近
池内幸三 板尾創路
小林秀雄 上杉祥三
花岡信夫 西興一朗
鈴木 稲森誠
編集者 関本聖
母親 かきつばたアヒル
子供 平野道彦

劇団東俳
劇団ひまわり
グレース
キャストプラン
NAC
日本芸能センター

一真 石田太郎
千葉龍太郎 筒井康隆
花岡和代 香川京子
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
書き込みありがとうございます♪
このブログを始めて最初の書き込みありがとうございます♪
僕はまだ田辺先生の作品を読んだことが無く、ドラマを見て僕なりに感じたことを書いているだけなので、僕の意見を「暖かい」と思っていただけるのは、田辺先生の暖かさがドラマを通じて伝わってきているからなんでしょうね♪

見切れギリギリでしたが、やはり「ア~ン」はお気づきになりましたか(苦笑)どうしても鯛子さんが出てくると細かいところまで見てしまいます(汗)

朝は出勤時間帯で見られないので、昼休みに会社で見て、帰宅後に録画を見直して視聴記書いてます。
田辺先生については知らない事ばかりですので、無意識に失礼なことを書いていることもあるかと思いますが、また読みに来て下さいね♪

読んでくれている人がいる事が分かると頑張って書こう、という気持ちになりますね。町子がお父ちゃんに「町子の書くお話が好きや」と言われて嬉しそうな顔をする気持ちが良く分かります♪
とく URL 2006/10/10(Tue)22:55:14 編集
はじめまして<(_ _)>
最初から読ませて頂いております。
田辺先生の大ファンなので、暖かいご意見とてもうれしくて!つい出てきてしまいました。
作品で読んだアレコレがドラマで見られるなんて、毎日わくわくしながら見ています。
鯛子さんはテレビでの登場ですが、あんな可愛い看護婦さんがいたら、カモカのおっちゃんもうれしかったでしょうに(笑
お口ア~ンしてましたね。私も気がつきましたよ。
スヌー 2006/10/10(Tue)19:10:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
bobbyshiro in 「芋たこなんきん 第7回」
※動画、画像 NHK「芋たこなんきん」10月9日放送分より 10月7日の放送分に引き続き 10月9日にもbobbyshiroが 登場しました。 なんと冒頭に7日分も 挿入されていたので繋ぎですよ。 7日ほど顔は映っていませんが エキストラの人数が 減った分、大き目の後姿~ 一番右端がbobbyshiroです。 7日放送分は 「スタジオパーク」「PR番組」「スペシャル」でも 放送され、重要なシーンだったことを 改めて痛感しました! 10月登場分 「花岡家編」は終了です。 ロケとスタジオ収録分が ...
URL 2006/10/14(Sat)02:21:56
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]