忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[1]  [2
2017/11/23 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/18 (Wed)
<あらすじ>町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)の新婚・別居生活が始まってしばらくたとうとしていた。健次郎が買ったビルの一室で子どもたちと休みの日に一緒に過ごす約束も、なかなか果たせずにいる町子。そんなある週末、健次郎が風邪で伏せている知らせを受け、見舞いに徳永家を訪ねる。すると義母のイシ(岩本多代)や長女の由利子(土岐明里)も風邪で伏せっていた。町子は、思いがけず家族たちの看病を引き受けることに。

 
花岡家。庭にな~んか懐かしい洗濯機があります。ローラーを手で回して絞るやつだね。さすがに僕は使ったこと無いけど(^^ゞ徳永センセから電話がかかってくる。「もしもし~、こんにちわァ」夫婦なのに「こんにちは」てねぇ(^^ゞ和代さんも苦笑いしてます。もう半年の時間が流れたんですね。
 
池内幸三・新作出版記念パーティー会場。町子さんとみすずさんが会話してます。みすずさんが町子さん夫婦のことを大きな声で話すので、「声が大きい」と怒りながらもモグモグと食べ続ける町子さん(笑)そこへ池内先生登場。これまた大きな声で「別居婚!」て(^^ゞ声を殺して「声が大きいッ~!」って怒る町子さん。その後、池内先生とみすずさんが話してる間中、食べっぱなし(^O^)
「花岡町子はおるか~?」と千葉先生登場。筒井さん、エエ声~♪ですね(*^_^*)マスコミには結婚したことはちゃんと報告したほうがいい、と千葉先生。隠してるとあることないこと書き立てられるって。。
 
池内先生のスピーチが始まる。視線は壇上を向いているが、お互いにかみ合わないことを独り言のようにつぶやく町子さんとみすずさん。突然、池内先生が来月結婚することを発表。それを聞いてよろけるみすずさん。千葉先生に茶化されて、照れ臭そうに頭をかく池内先生。久しぶりに見たなぁ、典型的な頭のかき方(^O^)その流れで千葉先生から「花岡町子さんの結婚報告です」の発言にびっくりしたなぁもう~の町子さん。そないに驚かんでも(^^ゞ
 
夜、りんさんのお店。町子さんと徳永センセが並んでお酒を飲んでます。絵になるねぇ、このふたり。う~ん、今日流れてる曲は僕は知らないなぁ(^^ゞいつもこのお店でお互いの考え方を確かめ合ってるふたり。町子さん、忙しくて婚姻届はまだ出してないみたいですね。徳永センセ、町子さんの嗜好が良く分かってるようで、町子さんが関東炊きを頼むとき、すかさず「タコ」をハモる。仲の宜しいこって(^^ゞ
 
花岡家。記者が何人もつめかけます。町子さんとセンセの生活に首をかしげる記者たち。町子さん達にはなんでもないことが、世間からは不思議な関係に映るようです。
 
純喫茶メルシー。いつもの3人がお茶してますが、なぜか今日は町子さんの指定席にみすずさんが座ってます。池内先生の結婚がかなりのショックだったようで少々、荒れてるご様子。婚姻届、区役所がどこにあるのか分からないって理由で出してない、と言う町子さん。のんびりしてるなぁ(^^ゞ
 
りんさんのお店。りんさんと酒屋のおっちゃんとおくさんが、町子さんの写真が載ってる雑誌「サタデー毎朝」を見ている。町子さんの写真を見て言いたい放題で笑ってます。あんたら!仕事しィ!酒屋が「油」売っててどないすんねん!(^^ゞ
 
徳永医院でも町子さんの載ってる雑誌を受付をはさんで鯛子さんと大崎のおっちゃんが見てます。取材の電話が病院にもかかってきたことを嬉しそうな顔で話す鯛子さん(*^_^*)センセがやってきたら「おっ!日本のサルトルとヴォーヴォワール!」と冷やかす鯛子さん(*^_^*)
 
<メモ>
徳永センセが嬉しげに白衣の懐に隠す雑誌
「週刊 朝夕」
 
今日の名言
「ひとの生活面白がっているより、自分の生活面白がるのが<大人>っちゅうもんや」
 
徳永家の前。由利子ちゃんが帰ってくる。近所の主婦が町子さんたちの別居婚について噂話をしている。それを耳にして暗い表情の由利子ちゃん。人からあれやこれや言われると辛いよね。。
 
久しぶりに中ノ島の別荘。今夜はお好み焼き♪登くんから「別居婚」について聞かれ、説明するセンセ。別れて暮らしているのが別居婚。これは子供にもわかりやすい説明だ。なにも悪いことではない、という気持ちも込めてるね、センセ。それでも、由利子ちゃんだけは納得いかない様子。
食事が終わって由利子ちゃんが亡くなったお母さんの本を見つける。町子さんがきたので慌てて本棚に戻す由利子ちゃん。「ものすごくいいよ、この小説。わたし、大好きやねン」という町子さんから
本を差し出され手にする由利子ちゃん。たぶん由利子ちゃんは町子さんのことを「お母さんを否定する人」のように思っていたのかも。実質、亡くなったお母さんのいたポジションに来るんだからそんな考えもあったんんじゃないかな。それが町子さんの言葉で一変した感じ。帰り際、由利子ちゃんが何か言いかけて笑顔で「バイバイ」だけしたところがジーンときます。「ありがとう」と言いたかったのかも。
 
徳永家に電話をしている町子さん。清志くんが、センセが風邪で寝ていることを告げても「お大事に」と、あっさり電話を切って小説を書き始める町子さんだったが、ふと目を上げる。「旦那さんが風邪引いたら見舞いに行かなくては」とでも思ったのかな(^O^)
 
徳永医院。「休診」の札がかかっている。座敷で寝込んでいるセンセの元に町子さん到着。氷枕と氷嚢で頭を冷やしているセンセ。風邪のせいで声が枯れてます。「薬、きらいやねん」というセンセがきゃわゆい(^^ゞあらら、イシさんも由利子ちゃんも風邪で寝込んでるんですね。晴子さんは確か医師会のなんとかで旅行に行ってるから女手がありません。そこで町子さんが食事を作ることに。
初めて立つ徳永家の台所、勝手が分かりません。町子さん、がんばれ~(^O^)/
明日はどうなるのかな~♪

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永イシ 岩本多代
片平鯛子 小西美帆
大崎俊平 櫻木健一
りん イーデス・ハンソン
池内幸三 板尾創路
神田みすず 友近
渡辺加代子 徳田尚美
工藤貞男 荒谷清水
工藤タエ 桂あやめ
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
ウエイトレス 高山都

湯口和明
小松利昌
那々實あぐり
東ゆか
南保歩
あたかすずえ

キャストプラン
日本芸能センター
NAC
劇団ひまわり
劇団東俳
グレース

千葉龍太郎 筒井康隆
花岡和代 香川京子
PR
2006/10/17 (Tue)
<あらすじ>結婚した後も別々に暮らしている町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)。そんなある日、中之島にある古いビルの一室へと町子は健次郎に連れられていく。健次郎は、別荘としてこの部屋を買ったのだという。町子の家と健次郎の家の中間点にあるこの場所で、休みの日に一緒に過ごすことを町子に提案する。毎週末、町子はこの部屋で健次郎と子どもたちと楽しく過ごす。町子たちなりのペースで、家族の生活が始まっていた。

 
謎の建物に入っていく町子さんとセンセ。そしてある部屋に入って行く。「なんなん、ここ…」と、目をぱちくりしながら部屋を見回す町子さん。UFOにさらわれた人みたいなリアクションだ(笑)奥からセンセの子供達が登場。「あ!おばちゃんや!」かぁ(苦笑)みんなニコニコしてるのに、長女の由利子ちゃんだけが浮かない顔してるのが気になります。
 
「ねぇ、ここって…」と聞く町子さんにセンセ、ひとこと「買うた」。か、かっこいいい!!
みんなが集まるときは寿司なのね(笑)ここで、子供達の性格の一端が垣間見れます。う~ん、由利子ちゃん、元気ないなぁ。。ここは、町子さんの家と徳永家の中間に位置するらしい。そうかぁ、別荘ねぇ。「あ!私のハマチ!」と、隆くんと取り合う町子さん。はっきり言いましょう、大人げないです(^^ゞ
 
キッチンでコップを落として割ってしまった由利子ちゃん。かけらを拾おうとして町子さんに「あかん!さわったら危ない」と止められ「ごめんなさい…」。町子さんを意識するあまり緊張してるみたい。難しい年頃だから仕方ないね。でも、町子さんがコップを割ったことを責めず、「大丈夫?」「ケガ無かった?」という気づかいの言葉に、少しためらいながらもうなずく由利子ちゃん。町子さんと由利子ちゃんの関係、少し前進。
 
洋式トイレの使い方が分からず、前向きにしゃがみこんでお尻丸出しで「わかれへんねんもん…」と泣いている隆くん、可愛すぎ(*^_^*)
窓から外を眺めている町子さんとセンセ。少女編で、夕焼けを見ながら「きれい」と口々に言っていた花岡親子とだぶります。この部屋を買うのに「無理したんと違うの?」という町子さんにセンセ、「多少の無理、男が嫁はんのためにせな、どないすんねん!」…し、しびれるぅ~(^^ゞ
 
徳永医院。隆くんが待合室で「魔球伝説」(マンガ?)をとても嬉しそうに読んでいる。隆くんっていい表情するね♪
週末は別荘で過ごすようになった町子さんと徳永センセたち。昔は卓上ガスコンロもホース付でしたね。僕も足引っかけて鍋を台無しにした口です(^^ゞ
「町~子さん」と登くんに呼ばれ嬉しそうな町子さん(*^_^*)町子さんの「ごはん、大盛りの人!」に「ぼ、ぼく~」と遠慮がちに手を上げる清志くん。笑顔がなんとなく柄本明さんに似てる気がする(^^ゞ「ぼくも!」「ぼくも!」と、ごはん大盛りリクエストの隆くんと登くん。「はい、大盛り二丁♪」と、幸せをかみしめている町子さん。
 
純喫茶メルシー。町子さんとみすずさん、加代子さんがいつもの席(苦笑)子供達の性格についてしゃべりまくる町子さん。それをややうんざり気味に聞いているお友達2人。町子さんの観察眼が凄いことは分かりました(^O^)長女・由利子ちゃんについて聞かれると表情がくもる町子さん。「ま、なんとかなるでしょ」とプラス思考、大いに結構!
 
徳永医院診察室。住職が来ている。住職、いつも病院に何しに来てるのかなぁ(^^ゞ名目は健康診断らしいけど、徳永家のことがよほど気になるらしい。
待合室から鯛子さんの「あ~ん!もう、またぁ~」という声がして、駆けつけるセンセと住職。何度見ても医者と坊さんの2ショットは…(苦笑)待合室に行ってみると鯛子さんがプンプン怒ってます。「ページ!患者さんが破ってるんです!この前も新聞、破られてたし…」
 
<メモ>
鯛子さんがページを破られて怒っている雑誌
「サタデー毎朝」
 
サタデー毎朝て(笑)鯛子さんもセンセも気づいてないようだけど、目次を見たら破られたページにどんなことが書いてあったか分かったのにね(^^ゞ「たまたま違うか?」ってセンセがなだめても、「んもう~いややわぁ!治安が悪化してますぅ~」って頭から湯気の出ている鯛子さん(^^ゞ
「怒ったら、かわいらし顔が台無しやで」とからかう住職に、「彼は、『怒った顔がかわいい』てゆうてくれてます」と言い返す鯛子さん。うんうん、怒った顔も可愛いね(*^_^*)
うんうん、ん?んんんん??「彼」????ガァ~ン!!(お約束)(^^ゞ
 
次の週末。別荘で楽しいひと時を過ごして「またね~」と手を振る子供達の中で、隆くんだけが無言で逃げるように部屋を出て行く。町子さんとあんなに仲が良かったのに何があったんでしょ…
 
夜、花岡家。居間で和代さんがテレビを見ている。隆くんのことが気がかりで、反抗期なのか和代さんに尋ねる町子さん。町子さんには弟がいるから、和代さんなら経験してるからね。「なんでもない」と言いつつも悩める町子さん。。
 
<メモ>
和代さんが見ているテレビから流れている曲
「柔」美空ひばり
 
深夜の徳永医院待合室。物音が気になって見にきた晴子さんが灯りをつけるとそこにはパジャマ姿の隆くん。翌日、町子さんと電話しているセンセによると、どうやら大人の週刊誌を見ていたらしい。以前、週刊誌を破ったのも隆くんではないかと。隆くん…
 
次の週末、別荘。トランプをしているセンセと子供達のところに町子さんがやってくる。町子さんを見るなり、ぷいっと席を立つ隆くん。怒鳴るセンセに清志くんが破いた週刊誌のページを見せる。そこには町子さんの写真が。「なんで破ったんや」と問うセンセに、
 
「みんなに見せたなかってん。悪いことしたら、新聞や週刊誌に写真でるて、学校のセンセ言うたもん。お父ちゃんと結婚した人、悪いことした人て、みんなにわかったら、お父ちゃん、かわいそうや!お姉ちゃんらも、おばあちゃんらも、かわいそうやぁ~かわいそうやんかぁ~!!」
 
ううっ、号泣(>_<)名優ぞろいのこの場面で隆くん、すごい演技を見せます。動物や子供には名優も形無し、とよく言うけど、隆くんは名優ですよ、ほんと。藤山さんも負けじと泣き笑い。うう、思い出すだけで泣けてくるいいシーンでした(>_<)
以前に、町子さんのことを「どんな顔やったかなぁ」って言ってた隆くんが、町子さんの顔の載ってる雑誌を破いていた、ってエピソードに持ってくるのもうまいつなげ方だと思いました。
 
誤解が解けて、楽しげに別荘をあとにする子供達。真っ先に町子さんに「おやすみなさい」を言ったのは意外にも長女・由利子ちゃんでしたね。今夜、町子さんと子供達の間に「何か」が生まれたんでしょうね。センセたちと「おやすみ」の挨拶をして家へと向かう町子さんの足取りがいつになくゆっくりで、別れを惜しんでいるかのようです。
 
プチ予告では、町子さんがハトが豆鉄砲くらったみたいな顔してた(^^ゞ
明日も楽しみ♪

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
片平鯛子 小西美帆
一真 石田太郎
神田みすず 友近
渡辺加代子 徳田尚美
ウエイトレス 高山都
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢

劇団東俳
NAC
グレース
キャストプラン
劇団ひまわり
舞夢プロ

徳永喜八郎 小島慶四郎
花岡和代 香川京子
2006/10/16 (Mon)
<あらすじ>健次郎(國村隼)との結婚式を終えた町子(藤山直美)だったが、まだ当たり前のように花岡の実家で寝起きをしている。当分、別々に住んでみようと、健次郎と話し合った結果だ。結婚式から一週間たっても、2人は一緒に食事をする時間すら持てないままだった。久々に健次郎から電話があり、次の土曜日にある場所へ来てほしいという。突然の健次郎の行動に、何をしようとしているのか、まったく理解できない町子だった。
 
ラララララララララ~♪ラララララン♪ラ♪ララ~♪
今日は鯛子さんの出演シーンがいっぱいあったので浮かれてますが、なにか?(^^ゞ
 
昭和41年10月。昨日、結婚式はしたけれど実家で執筆活動に励む町子さん。徳永センセも、妹・晴子さんから怪訝そうな「いつ来はるの?」の問いに、「ん~落ち着いてからやな」とのんびりモード(苦笑)
 
鯛子さん、「あの~、トリさんはどうなるんですか?」と、結婚式に昭一さんがプレゼントに持ってきた鶏のことを気にしてます。イシさんが鶏飯にすると聞いて「イヤッホ~っ!」て(^^ゞガッツポーズまで(^O^)とどめは鶏飯コール(^^ゞ鶏さんが殺されちゃうのが心配だったんじゃないのかぁ(^^ゞ食い気優先の鯛子さんです(*^_^*)
新聞広告を見て鯛子さん、「結婚したらこんなとこに住みたいなぁ~」とため息まじり。イシさんと鯛子さんの会話を聞き、こっそり後ろで新聞広告をのぞいているセンセがお茶目(*^_^*)
 
<メモ>
鯛子さんがうらやましげに見ている新聞広告
 
琵琶湖の湖畔にあなたの表札を…
湖畔の別荘で静かな週末を。
「100万人の別荘地」を目指し琵琶湖の開発に着手して5年。たくさんのお客様からお買い上げ頂きました。輝く太陽と深い緑、透き通るようなせせらぎもある琵琶湖の湖畔。スモッグ、騒音、ストレスとは無縁の琵琶湖にあなたの表札をおつけになってください。
琵琶湖 湖岸緑地 別荘地
 
花岡家にて町子さんと妹・孝子さんの会話。「ほんまに~別々に暮らしてんねんねぇ…」「あんたわざわざ確かめに来たん。ひまやなぁ~」この姉妹の会話が自然でいいね。ご飯を食べ終わって「ごちそうさまでした」をきちんと言える町子さんは素敵です。僕ね、ファミレスに友達と食べに行った時、「ごちそうさま」って手を合わせたら、何か変なものでも見るような眼で見られたことあるんです(>_<)いくつになっても「ごちそうさまでした」が言える人でありたい(*^_^*)
 
午後3時少し前の徳永医院。センセと町子さんの電話での会話。「結婚してることもまだ内緒にしておくんか?」「世間様にいちいち報告することやないと思うの、私生活のことやから」「自分のこと書いて世間様に発表してるくせに、ようわからん話やなぁ」「それとこれとは違うの。小説は加工品で、生ではないのです」センセはみんなに教えたいのかも。「俺はいい嫁さんもろたで~」って大きな声で。町子さんは結婚してることが知られるのは小説家としてはマイナスになるのかなぁ。。
 
電話を切ってため息をついているセンセに、満面の笑みで「午後の診察、はじめます♪」とタイミング良く鯛子さん登場。…鯛子さん、電話の話し、立ち聞きしてたな(笑)
 
<メモ>
徳永センセが見ていた新聞広告(抜粋)
 
芦屋 翠ヶ丘通り高級マンション
最終締め切り迫る! [十月二十日まで]
壱井銀行定期預金で予約受付中!
■国鉄芦屋駅から徒歩5分
■総350万円~600万円
■4室約60㎡土地付(共有)
■鉄筋4階建豪華設備完備
 
夜、徳永家。食卓を囲んで全員で「いただきま~す」昔は当たり前の光景だったのに、懐かしさを感じるのが寂しい。。町子さんのことを「おばちゃん」と呼ぶ子供達にセンセ、苦笑い(^^ゞ隆くんの「どんな顔やったかなぁ…」にはセンセ、呆然(^^ゞ
 
花岡家では町子さんのインタビューが行われています。結婚について聞かれると「ひとり」を強調。町子さん、言っちゃったほうが楽になるよ~(^^ゞインタビューしてる記者さん、大西結花さんだ(*^_^*)
 
りんさんのお店に、記者さんとカメラマンを連れてきた町子さん。りんさんは町子さんが結婚したことを知ってます。恐るべし、商店街情報網(^^ゞ
 
<メモ>
りんさんの店のシーンで流れている曲
「赤いグラス」アイ・ジョージ
懐メロばっかしやね(*^_^*)
 
またまた結婚について聞かれて、あせる町子さんがりんさんに目配せ。それを受けてそ知らぬ顔をするりんさんが可愛いですね(*^_^*)偶然、センセと酒屋が店に来て、ますますあせる町子さん。酒屋の「奥さん…」をさえぎって「奥、3人さん」と、咳き込みながらボケをかますりんさん、グッジョブ(^_^)vタイミング悪く、またまた大崎のおっちゃんがやってきて「奥さん!」(笑)これにて、和代さんから始まって、酒屋、大崎のおっちゃんに至る三段落ち完成(^O^)
大西結花さん、悪酔いしてセンセたちにからむからむ(^^ゞ「そこのおっさん達ぃ~」って指差したところで、スケバン刑事仕込みの折鶴でも飛ばすんじゃないかと思っちゃった(^^ゞ
町子さんの「環状線、違う線路に入っていきました…」のセリフは舞台っぽくて好き(*^_^*)
 
りんさんの店の前。町子さんとセンセがしんみりと語らうシーンがなかなかイイ。町子さん、目が潤んでるような気がします。
センセが、2つ並んだ自転車に目をやって、「泊まっていったらええやないか」のセリフ。すごく意味深(^^ゞさすが、男心を知ってる伊勢田さんの演出(*^_^*)
 
数日後。徳永医院で鯛子さんが町子さんからの電話を受けてます(*^_^*)カーディガンをはおった鯛子さんも素敵♪(おいおい)(^^ゞ
町子さんの「妻、です」に「どのような字をお書きになりますか?」て(苦笑)鯛子さん、いい加減に町子さんの声、覚えてあげてください(^^ゞ「家内」「奥さん」じゃなくて「妻」と言った町子さん。結婚に対する町子さんの気持ちが出てますね。
 
電話で土曜日に食事をする約束をしている町子さんとセンセ。町子さん、彼氏から電話がかかってきた女学生チック(*^_^*)「なんやろ…お好み焼きかな~」って目を輝かせて遠くを見ている町子さん、センセに会う事より食べることばっかり考えてるのね(^^ゞ町子さんに土曜日の件を伝えてほくそ笑むセンセ、なにか企んでますね(^O^)
 
土曜日。謎の建物の前で町子さんを呼ぶセンセ。日活アクションスターばりに普段着が似合ってます(*^_^*)仕草も白衣を着ているときとは別人のように颯爽として。この建物は一体。。もしかして、センセ…
明日も見逃せません♪

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
徳永イシ 岩本多代
片平鯛子 小西美帆
大崎俊平 櫻木健一
神田みすず 友近
北村孝子 メイサツキ
工藤貞男 荒谷清水
りん イーデス・ハンソン
寺田記者 大西結花
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
カメラマン 吉原伸一
ウエイトレス 高山都

劇団東俳
グレース
キャストプラン
劇団ひまわり
日本芸能センター

徳永喜八郎 小島慶四郎
花岡和代 香川京子
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]