忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[1]  [2
2017/11/23 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/12/20 (Wed)
<あらすじ>町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)は、澄子の法事を家で行わず、子どもたちを連れて墓参りをすることに決める。そんなとき、健次郎の子・清志(小椋悠聖)が、澄子が死ぬ前に家計簿に残したメモを町子に見せる。そこには、澄子自身が死を恐れていたことが記されていた。そして、そこに書かれた料理の献立など、生活の記録に町子は引き込まれる。やがて町子は、澄子を絶対忘れないために、家での法事を行うことを決心する。

徳永家居間。お墓参りだけで法事はしない事になり、しょんぼりしている町子さん。登くんと隆くんはお墓参りのときの外食が気になるようだ(^^ゞ清志くんは「お墓が怖い」からお墓参りに行かないと言う。センセに「わかった、来んでエエ!」と怒鳴られ食事をやめて立ち上がる清志くん。後を追う町子さん。
 
子供部屋の前。町子さん、清志くんに何と声をかけたらよいか躊躇している。意を決して中に入る町子さん。部屋の真ん中に清志くんがこちらに背を向けてぽつんと座っている。傍らにおいてあった「楽天乙女」を拾い上げる町子さん。本に書いてあった通り怖い思いをした、と町子さん。人間は生まれてきたからにはいつか死ぬ、怖がっていてもどうしようもない事、と町子さん。「それでも怖い。そうかてな、おかあちゃんかて書いてる」と仏壇の下から持ち出した家計簿を見せる清志くん。
 
<家計簿の澄子さんの最後の書き込み>
今週二度目の目眩.
病院に行くべきか.
思い病の宣告を恐れている.
死を怖れている.
 
「おかあちゃんも『怖い』って書いてる」と清志くんに言われ言葉をなくす町子さん。廊下で聞いていたセンセ、清志くんに歩み寄り、「朝ごはん食べといで」と声をかける。鼻をすすりながらふらふらと部屋を出て行く清志くん。家計簿を覗き込むセンセ。最後の書き込みは澄子さんが病院に運ばれる前の日付だった。「これが最後の文章?」と町子さん。
 
診察室。家計簿の最後のページを見て呆然としているセンセ。町子さんが入って来る。家計簿を見せてほしいと言う町子さんに、にやりとしてと手渡すセンセ。
 
仕事部屋。声に出して家計簿を読み上げている町子さん。その日の献立から出来事など、事細かく書いてある。澄子さんの残した生活の記録に引き込まれてゆく町子さん。
 
居間。純子さんがラジオから流れる「帰ってきたヨッパライ」を声まねで歌いながら陽気に掃除をしている。応接間では亜紀ちゃんが歌にあわせて首を振り、折り紙を折っている(^-^)「天国よいとこ一度はおいで♪」と純子さんが調子外れの声で歌っていると、同じフレーズをセンセが歌いながらやってくる。センセに気づいてあわててラジオを切り、「すいません、こんな時期に不謹慎な…」とあやまる純子さん(^O^)午前中は風邪の患者が二人だけ、と笑うセンセ。おじいちゃんが売り上げを心配するのでは、と純子さん(^^ゞ
居間に座ったセンセに法事が取りやめになった事について話す純子さん。純子さんも晴子さんと同意見だ。法事をする、しないに関わらず子供たちは母親の事を忘れていない、とセンセ。それは町子さんにとって複雑では、と純子さん。例によって、町子さんは子供たちの母親ではないという考えを純子さんに聞かせるセンセ。きょとんとしている純子さんに「なんでかねぇ、みんなはそこんとこ分かってくれん。変わってるなぁ」とセンセ。「大先生とお話していると私のほうが変わっているような気がしてきました」と笑う純子さん。「そやないんですか?」と笑うセンセ(^-^)
 
仕事部屋。町子さんは家計簿を読み続けている。ふと日付の下にある「あ-9」「し-3」という書き込みを見つける。「なんの記号?」と考え込む町子さん。
 
診察室前。「お大事に~」と患者さんを見送った鯛子さん、背後に町子さんがいて「うわぁ!」とびっくりする(^O^)「終わりました?休憩ですね?」と鯛子さんに確認して診察室に入る町子さん。「健次郎さん、やりましょう。やらなければいけません。やるんです。やらなければだめなんです。やるんですよ。やらなあかんのですって」とまくしたてる。困惑するセンセ、「文法の何段活用かって、国語弱いねん、僕は」とセンセ(^O^)何事?と鯛子さんとイシさんも遠巻きに気にしている。法事を家でやりましょう、と町子さん。家計簿に書き込んであった記号をセンセに見せる。「『あ-10』は『赤い鼻緒のじょじょ』の原稿が10枚、『し-3』は春秋関西のエッセーが3枚」と解説する町子さん。家事に子育て、それと平行して原稿もちゃんと仕上げていた澄子さんを、同じ小説家として尊敬する町子さん。「澄子さんが好きやった人みんなに集まってもろて、ごはん食べて飲んでもろて、みんなで澄子さんの事を話してもらうのよ」と熱く語る町子さん。センセをじっと見つめ「鯛子さんも言うてくれたやないの、『奥さんの事、大好きでした』って」と町子さん。それを聞いてイシさんと顔をあわせ微笑む鯛子さん。純子さんも鼻の頭を真っ赤にしてうるうるして町子さんたちを見ている。
「こんなすごい人がいてたことをね、忘れたら絶対アカンと思う。いいでしょ?ねぇ、いいでしょ?」とセンセを見つめる町子さん。センセが黙っているのであらたまった声で「え~、反対意見は」と議長口調の町子さん。ちらっと町子さんを見て姿勢を正し、「ありません」とセンセ(^-^)「よしっ」とうなずいて笑う町子さん。
 
そして、その夜、居間。ラジオから流れる「ブルー・シャトー」を口ずさんで上機嫌の町子さんが後片付けをしている。そんな町子さんを横目で見てニコニコしているセンセ。そこに晴子さんが帰ってくる。「あ、そや、あのな、やっぱり日曜日、家で法事する事にしたからな」とセンセに言われ驚く晴子さん。「私…私、日曜日、仕事やねん」と言葉少なに立ち去る晴子さん。ため息をついて複雑な表情でテーブルを拭く町子さん。

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
徳永イシ 岩本多代
片平鯛子 小西美帆
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
藤木澄子(写真) 中井佳代
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
NAC
キャストプラン
劇団東俳
日本芸能センター
 
徳永喜八郎 小島慶四郎
矢木沢純子 いしだあゆみ
PR
2006/12/19 (Tue)
<あらすじ>健次郎(國村隼)の亡き前妻、澄子の法事を晴子(田畑智子)から大反対された町子(藤山直美)は、秘書の純子(いしだあゆみ)に相談するが、純子も無理しなくてもと言う。近所の人たちは、法事は町子が気の毒だという思いから出席する気になれず、町子と健次郎が法事を呼びかけると、皆、用事を作って断ってしまう。一真(石田太郎)は、家での法事ではなく、「子どもたちを連れての墓参りでよいのでは」と、提案するが…。

仕事部屋。純子さんが掃除をしている。亜紀ちゃんもパタパタと、ピンクのはたきでお手伝い。はたきを鉛筆代わりに町子さんのまねをして原稿に何か書いている亜紀ちゃん、かわいいねぇ(*^o^*)
写真立てをずらして雑巾がけをしている純子さん、亜紀ちゃんが写真を見ているのに気づく。「亜紀ちゃんはねぇ、ほら、この赤ちゃん!」と指をさす純子さん。「これ、おばちゃん?」と写真の中の藤木澄子さんを指差す亜紀ちゃん。おばちゃんじゃなくてお母様、と言われてもピンとこない亜紀ちゃん。
町子さんがやってくる。晴子さんに法事はやめたほうがいいと言われた事を純子さんに話す。無理することは無い、子供たちも町子さんに馴染んでいるし、澄子さんが亡くなってもう4年も経っているし、と純子さん。町子さん、困惑して写真立てを見る。「そっと、なさったほうがいいんじゃないでしょうか…」と純子さん。
 
その頃、工藤酒店では…。住職から法事の事を聞かされる大崎のおっちゃんと工藤夫婦。町子さんの立場を考えると、法事で澄子さんの思い出話はしづらい、とおかみさん。「健さん、無神経」「町子さん、かわいそう」と事情を知らないみんなはため息。
 
徳永医院前。清志くんがとぼとぼと帰ってくる。おじいちゃんに「おかえり~」と言われても無言。。
 
待合室。鯛子さんが最後の患者さんを見送り、「ふぅ~」と椅子にかける。「お兄ちゃん、まだ?」と晴子さん。センセは朝から帰ってこないらしい。往診先で話し込んでいるのでは、と鯛子さん。晴子さんは以前センセに同行して、おじいさんの奥さんの愚痴、息子さんの愚痴、果てにはタイガースが負けたという愚痴まで聞かされてえらい目にあったらしい。「その問題ひとつでも解決できるクスリ発明したらノーベル賞もんですよ」と鯛子さん(*^o^*)「私はそんなことするために医者になったんやありません」と渋い顔をする晴子さん。
「あ!忘れもん!」と手提げのついた紙袋を持って外に出る鯛子さん。
 
徳永医院前。手提げ袋を持った鯛子さん、さっき出て行った患者さんの姿をキョロキョロ探す。入り口の指定席でおじいちゃんが焚き火をしている。「田中さん~忘れもん~」と駆けてゆく鯛子さん。向かいの質屋ののれんのしたから守くんが出てくる。鯛子さんの後姿をじっと見ている守くん。と、そこに登くんと隆くんが走ってくるのであわてて隠れる守くん。登くんたちに見つかった守くん、何事もなかったように帰ってゆく。そんな守くんを笑顔で見ているおじいちゃん(^-^)
 
仕事部屋。子供たちの「ただいま~」の声がする。「おかえり~」と町子さんが言うやいなや、「行ってきま~す」と公園に遊びに出かける登くんたち。町子さんの小さい時とおんなじやね(^O^)ふと外を見る町子さん。清志くんが庭でしゃがんでいるのが見える。植木鉢の上にころがるセミの抜け殻をじーっと見つめている。セミの短い一生を憂う清志くん、「おばちゃん!人は死んだらどこ行くの?」と思いつめた顔で町子さんを見る。清志くんが死ぬなんてずっと先、順番からいうとお父ちゃん、おばちゃん…と言うと、「えっ?!おとうちゃんがっ!?」と泣き出しそうになる清志くん。はっとしてなだめようとする町子さんだが、清志くんは無言で家に入ってしまう。「えらいこと言うてしもた…」と後悔する町子さん。
 
夜、徳永医院。一日の仕事を終え、「お先にぃ、失礼します」と鯛子さんが出てくる。戸を閉めたとたん、背後に気配を感じる鯛子さん。さっと振り返ると守くんが立っている。ほっと息をつく鯛子さん。「あの~今度、僕と一緒に天神屋さんのお好み焼き、食べに行きませんか?豚玉でもイカ玉でも、好きなんご馳走します」と守くん。お~鯛子さんをデートに誘ったな!(゜O゜;)少し驚いた顔をした鯛子さんだが、守くんに近づき、「ありがとう。けどね、キミがお酒飲めるようになったら、また誘てね」とニッコリする鯛子さん。『ありがとう』と聞いて笑顔だった守くんの表情が落胆に変わる。立ちつくす守くんを残し去ってゆく鯛子さん。病院の影で「はぁ」と首をかしげているおじいちゃん。おじいちゃん、まさか守くんに協力しようなんて思ってないでしょうね?(^^ゞ
 
居間。落ち込んでいる町子さんを慰める純子さん。そこに登くんと隆くんが駆け込んでくる。「おばちゃん、お兄ちゃん、おかしいで」と。心配になる町子さん。
 
庭。こんもりと土を盛り、線香を立てた「虫たちの墓」に向かって「ナンマイダブ、ナンマイダブ…」と唱えている清志くん。今までに遊んでいて殺してしまった虫たちの供養をしているという清志くん。「僕が死ぬ時は痛くないようにしてください、って。ナンマイダブ、ナンマイダブ、ア~メン!」と清志くん(^^ゞそんな清志くんを見下ろして「オラは死んじまっただぁ♪」と歌い出す登くんと隆くん(^O^)フォークルの帰ってきたヨッパライですね(^-^)僕、持ってますよ、赤いレコード(^^ゞ兄を茶化して「天国良いとこ一度はおいで♪」と歌いながら家へ入ってしまう弟たち。清志くんは一心にナンマイダブを唱え続ける。
 
たこ芳。清志くんを元気付けようとして口がすべった事を後悔している町子さん。「思春期には大いに悩むがよろし。なっ、お住っさん」とセンセ。「んっ、人は死んだら極楽浄土に行きます」と住職。「い~や、信仰があれば天国へいけます」とりんさん。立ち上がって「東洋では…」と熱くなる住職(^-^)と、そこに大崎のおっちゃんと工藤の大将がやってくる。あわてて「しゃべるな」と口の前に指を立てる住職。そんな住職の努力もむなしくセンセが法事の話をし出す(笑)日曜日は都合が悪い、と大崎のおっちゃんも工藤の大将も逃げ腰。人が集まりそうに無いから子供をつれて墓参りですませてはどうか、と住職。浮かない顔の町子さん。
 
徳永家居間。じっとして考え事をしている町子さん。風呂から出てきたセンセに「法事の事なんやけども、いいんでしょ?やっても。貞夫さんたちなんかけったいやったし…」と町子さん。笑って「あいつらがけったいやない日は、横綱大鵬が負ける日よりも少ないで」とセンセ。町子さん、晴子さんも純子さんも法事に反対していることをセンセに話す。しばらく考えていたセンセ、「やめよう。法事やめよう」と言い出す。形にこだわらず気持ちがあれば、とセンセに言われうなずく町子さんだったが、「無理せんでええで」と言われた事に声を荒げて反発する。
晴子さんが帰ってくる。「法事は無し。理由は聞くな。いっさいゴチャゴチャ言うな」と一方的に晴子さんに言って部屋を出てゆくセンセ。町子さんから墓参りですますと聞いて「それが普通やん」と晴子さん。「もうわたしには、何が普通かわからへん」とつぶやいてビールを飲む町子さん。

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
一真 石田太郎
片平鯛子 小西美帆
大崎俊平 櫻木健一
りん イーデス・ハンソン
工藤貞男 荒谷清水
工藤タエ 桂あやめ
工藤守 田中祥平
藤木澄子(写真) 中井佳代
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
グレース
キャストプラン
日本芸能センター

徳永喜八郎 小島慶四郎
矢木沢純子 いしだあゆみ
2006/12/18 (Mon)
<あらすじ>健次郎(國村隼)の末っ子、亜紀(畑未夢)がいたずらの楽しさを覚え徳永家では被害が続出。町子(藤山直美)の秘書の純子(いしだあゆみ)が亜紀を保育園に通わせることを勧めるが、そんなとき、町子は子どもたちの母である藤木澄子の命日を思い出す。町子はご近所さんも呼んで澄子の法事をしようと健次郎に提案し、方々に声をかける。晴子(田畑智子)は、「わざわざ思い出させるのは子どもたちがかわいそうだ」と大反対する。
 
朝、徳永家台所。炊き立てのご飯を、お仏壇に供える用意している町子さん。指についたお米をぺろっと町子さん、お供えする前に口に入れちゃだめでしょ(^^ゞ仏壇には徳永センセの亡くなった前妻の藤木澄子さんの写真。おりんを鳴らし手を合わせるイシさん。
 
「給食当番のエプロン?!」と町子さんが大声を出している。昨日のうちにエプロンのアイロンがけを町子さんに頼むのを忘れていた隆くん。「今朝は何や?」と歯磨きしながらセンセ登場。『今朝は』て(^O^)隆くん、いつも学校に行く15分前に思い出すらしい。「お前なぁ、そこまで忘れとったんやったら、いっそのこと学校行ってから思い出せ。ほんでセンセに怒られるぐらいの大物にならんと」とセンセ。町子さんにも「大物になるかも」と言われ、頭をかいて「いゃあ~」と照れる隆くん。
状況を分かっててアイロンの準備をしていたイシさん、グッジョブ(^_^)vアイロンがけを始める町子さんだが湯気が出ない。不審に思って電源コードをたどると電話に結んである。電話に出ている亜紀ちゃん(^-^)亜紀ちゃんに合わせてアイロンを受話器に見たてて話し出す町子さん。末っ子の亜紀ちゃん、イタズラの面白さを覚えたようです(^-^)
 
「亜紀やろ!」と登くんがやってきてランドセルをひっくり返すとオモチャがごろごろ。「教科書とノート、どこやった!」と聞かれ逃げ出す亜紀ちゃん。追いかける登くんだが、かくされた教科書とノートが昨日のもので、今日の時間割あわせをまだしていない事を町子さんに注意され逃げ出す。そこにパジャマ姿でうろうろと隆くん。「早よ着替えなさい!」と町子さん一喝。朝からバタバタして、大きなため息をつく町子さん。
 
診察室。白衣をはおって身支度しているセンセ、レントゲン写真のパネルに算数と国語の教科書が挟んであるのを見つける。「亜紀か…」と苦笑するセンセ。
 
仕事部屋。イタズラが多くなった亜紀ちゃん、町子さんが怒っても嬉しそうな顔をするらしい。「かまってもらうのが嬉しいのかも知れませんね~」と純子さん。「保育園、とかありますよね。同い年くらいのお友だちと触れ合う機会があってもいいんじゃないかな~なんて…」と純子さん。「そうか、保育園ねぇ…」とうなずく町子さん。ふと、写真たての藤木澄子さんを見て、澄子さんの子育ての苦労を思う町子さん。町子さんは澄子さんの文章が好きで彼女のような小説家になりたい、と憧れていたようだ。思い出に浸っていた町子さん、ふと澄子さんの命日が近い事を思い出す。
 
廊下。センセが教科書を持って歩いてくる。「あらそれ!」と町子さんに言われ、「僕が隠したんとちゃうで」とあせるセンセ(笑)「それよりも…もうすぐですよね」と澄子さんの命日の事を切り出す町子さん。あれこれと命日の予定を話す町子さんだが、センセはあまり気が乗らない様子。。
 
診察室。工藤酒店の息子・守くんが診察してもらっている。センセから風邪と聞いて安心し、「こんなんでも大事なウチの跡取りですさかいな!」と笑うおかみさん。鯛子さんに服を整えてもらっていた守くん、鯛子さんの顔をぼ~っと見ている。「頭痛いの?」と聞かれて「ちょっと…」と答える守くん、「痛いの痛いの飛んでけ~」と笑顔を見せる鯛子さんの胸元から首、顔へと視線を移し、目が合った鯛子さんに見とれる。風邪で熱っぽい事もあるだろうが、真っ赤な顔をしてぼけ~っとしている守くん。はっ!まさか守くんも鯛子さんの魅力にはまったのでは?(>_<)はっはっは!鯛子さんには怒った時の顔が可愛いと言ってくれる彼氏がいるんだよ、だから工藤くん、あきらめたまえ!(なぜか、ニセウルトライダー口調の僕)(^O^)
工藤のおかみさんの話によると、先週町内で交通事故で亡くなった子がいるらしい。「小さい子が亡くなるのはつらいなぁ」としんみりするセンセ。
 
お昼休み、居間。おっ、今日はにぎやかです(^-^)メンバーは、町子さん、センセ、おじいちゃん、イシさん、亜紀ちゃん、純子さん、そして鯛子さんまで!たまご丼(?)を食べて「うん!おいしい。やっぱり、たまにはあったかいもんもいいですね」と鯛子さん。料理好きの鯛子さん、いつもはお弁当持参だけど、今日はせっかく作った弁当を玄関に忘れてきたそうで。診察室では落ち着いててきぱきしている鯛子さんですが、そそっかしいところもあるんですね(^-^)
料理の苦手な晴子さんの事を鯛子さんに頼むセンセ。「恋人でも出来たら今に変わりますて」と鯛子さん。「恋人?恋人なぁ、ふんふんふん…」と、なぜか納得しているおじいちゃん(^O^)
「せや、鯛子さんも来てくださいねぇ」と澄子さんの法事に誘う町子さん。「ああ、今年も、ですか?」と鯛子さん。ん~乗り気じゃなさそう。。「法事?法事なぁ、ふんふんふん…」とさっきと同じリアクションのおじいちゃん(笑)都合が悪かったらいいんですよ、と言う町子さんに、「いえ!必ず参ります。あたし、奥さんの事大好きでしたから」と笑顔の鯛子さん。それを聞いて嬉しそうにご飯を食べ始める町子さん。
 
夕方、徳永医院前。おじいちゃんが焚き物をしている。ダイオキシンがどうのこうの言われてなかった時代ですからね(^-^)そこに清志くんが帰ってくるが、おじいちゃんに「お帰り~」と言われても他事を考えていて気づかない。「お前、ぼや~っと歩いとったら、車にひかれて死んでしまうぞ」と、おじいちゃんに言われ、かっと目を見開いて立ち止まる清志くん。後ろから来た自転車のベルの音に驚き、塀にへばりつく。う~ん、清志くんの様子が変ですね。。
 
その日の深夜。町子さんが階段を下りてくると、応接間に明かりがともっていてテレビの音が漏れてくる。西部劇の音楽みたいだけど何でしょ?駅馬車?(^^ゞ晴子さんかと思い、町子さんが戸を開けると清志くんが泣きそうな顔をしてテレビの前に座っている。町子さんがテレビを消して早く寝なさいと言うが、「寝えへん!寝たら、そのまま死んでしまうかもわからへん!いやや!」と泣き叫ぶ清志くん。騒ぎを聞きつけてセンセが起きてくる。「どないしたんや?」と聞くセンセに困惑する町子さん。
 
しばらくして…清志くんを寝かしつけたセンセが応接間に戻ってくる。「何で急に…死ぬかもわからへん、て…」と言う町子さんの前に「楽天乙女」を出すセンセ。清志くんはこの本の中の空襲で人がいっぱい死ぬところを読んで、また、学校の友だちが交通事故で亡くなって、『自分も死ぬかもしれん』と思ったら急に怖くなったようだ。寝ている間に死んでしまうのが怖くて起きてたんだね。センセは「睡眠時間短かったら寿命が縮む」と半ば脅して寝かしたみたい(^^ゞこれには町子さんも「乱暴すぎる」と反発。センセに逆になんと言えばよかったか聞かれるが、答えられない町子さん。楽観的なセンセはさっさと寝てしまうが、ひとり困惑している町子さん。
 
朝、居間。食卓を囲む家族達。清志くんは慌てて行って車にはねられるといけない、という理由で早めに出て行ったらしい。「けったいな奴じゃなぁ」と笑うおじいちゃん。「ま、遅刻するよりはええか」と苦笑するセンセ。そこに少し遅めに起きた晴子さんがやってくる。町子さんに法事の話をされて「うちでやんの?」と怪訝そうな顔をする晴子さん。
 
徳永医院前の路地。私服の鯛子さんが「困っちゃうなぁ~ぁ♪デートに誘われてぇ~♪」と商店街に流れる山本リンダの歌を口ずさんでやってくる。急に後ろから「わぁ~っ!」という声がして驚く。振り返るとそこには奴が、あ、いや、守くんが倒れている。「大丈夫?」としゃがみ込む鯛子さん。徳永医院の前では、おじいちゃんがその様子を見ている。「痛い、折れたかも…」とひざを押さえる守くんの足を触って真剣な顔で診ている鯛子さん。そんな鯛子さんの顔を間近に見て、商店街に流れる『ドキドキしちゃう~私の胸♪』に合わせるかのように視線を鯛子さんの胸のほうに下ろす守くん。こら~っ!!(・_*)\ペチ
鯛子さんに「なんともあらへんから。風邪は良うなったん?」と聞かれ、デレ~っとした顔で「はい…」と答える守くん ┐(´-`)┌ 「具合悪なったらすぐおいでね」と優しく言われ「はぁい、ありがとう」と夢心地で立ち上がる守くん。その様子を見ていたおじいちゃん、ははぁ~んなるほど、とうなずく。立ち去る守くんの後姿に「なんや~けったいな子」と鯛子さん(^-^)
 
台所で洗い物をしている町子さんのところに晴子さんがやって来て「法事、ほんまにうちでする気?お兄ちゃんと子供らでお墓参り行くぐらいでええんちがうかな。わざわざ人呼んでせんかて」と言い出す。後妻さんが仕切って前妻の法事をするのはおかしい、と晴子さん。「やっと新しい環境に慣れてきたのに、わざわざ思い出させる事もないでしょ。可哀想やと思わへんの?ちょっと無神経やわ町子さん」と責める。「とにかく、私は反対です」と言われ、困惑する町子さん。
 
今週は、澄子さんの法事・清志くんの死への恐怖・モテモテ鯛子さん、のエピソードが平行して進むんですね。土曜日にいつものように全てすっきり解決するのかな?

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
徳永イシ 岩本多代
片平鯛子 小西美帆
工藤タエ 桂あやめ
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
藤木澄子(写真) 中井佳代  
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
工藤守 田中祥平 
グレース
劇団東俳
キャストプラン
日本芸能センター
 
徳永喜八郎 小島慶四郎
矢木沢純子 いしだあゆみ
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]