忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [100]  [103]  [99
2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/12/20 (Wed)
<あらすじ>町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)は、澄子の法事を家で行わず、子どもたちを連れて墓参りをすることに決める。そんなとき、健次郎の子・清志(小椋悠聖)が、澄子が死ぬ前に家計簿に残したメモを町子に見せる。そこには、澄子自身が死を恐れていたことが記されていた。そして、そこに書かれた料理の献立など、生活の記録に町子は引き込まれる。やがて町子は、澄子を絶対忘れないために、家での法事を行うことを決心する。

徳永家居間。お墓参りだけで法事はしない事になり、しょんぼりしている町子さん。登くんと隆くんはお墓参りのときの外食が気になるようだ(^^ゞ清志くんは「お墓が怖い」からお墓参りに行かないと言う。センセに「わかった、来んでエエ!」と怒鳴られ食事をやめて立ち上がる清志くん。後を追う町子さん。
 
子供部屋の前。町子さん、清志くんに何と声をかけたらよいか躊躇している。意を決して中に入る町子さん。部屋の真ん中に清志くんがこちらに背を向けてぽつんと座っている。傍らにおいてあった「楽天乙女」を拾い上げる町子さん。本に書いてあった通り怖い思いをした、と町子さん。人間は生まれてきたからにはいつか死ぬ、怖がっていてもどうしようもない事、と町子さん。「それでも怖い。そうかてな、おかあちゃんかて書いてる」と仏壇の下から持ち出した家計簿を見せる清志くん。
 
<家計簿の澄子さんの最後の書き込み>
今週二度目の目眩.
病院に行くべきか.
思い病の宣告を恐れている.
死を怖れている.
 
「おかあちゃんも『怖い』って書いてる」と清志くんに言われ言葉をなくす町子さん。廊下で聞いていたセンセ、清志くんに歩み寄り、「朝ごはん食べといで」と声をかける。鼻をすすりながらふらふらと部屋を出て行く清志くん。家計簿を覗き込むセンセ。最後の書き込みは澄子さんが病院に運ばれる前の日付だった。「これが最後の文章?」と町子さん。
 
診察室。家計簿の最後のページを見て呆然としているセンセ。町子さんが入って来る。家計簿を見せてほしいと言う町子さんに、にやりとしてと手渡すセンセ。
 
仕事部屋。声に出して家計簿を読み上げている町子さん。その日の献立から出来事など、事細かく書いてある。澄子さんの残した生活の記録に引き込まれてゆく町子さん。
 
居間。純子さんがラジオから流れる「帰ってきたヨッパライ」を声まねで歌いながら陽気に掃除をしている。応接間では亜紀ちゃんが歌にあわせて首を振り、折り紙を折っている(^-^)「天国よいとこ一度はおいで♪」と純子さんが調子外れの声で歌っていると、同じフレーズをセンセが歌いながらやってくる。センセに気づいてあわててラジオを切り、「すいません、こんな時期に不謹慎な…」とあやまる純子さん(^O^)午前中は風邪の患者が二人だけ、と笑うセンセ。おじいちゃんが売り上げを心配するのでは、と純子さん(^^ゞ
居間に座ったセンセに法事が取りやめになった事について話す純子さん。純子さんも晴子さんと同意見だ。法事をする、しないに関わらず子供たちは母親の事を忘れていない、とセンセ。それは町子さんにとって複雑では、と純子さん。例によって、町子さんは子供たちの母親ではないという考えを純子さんに聞かせるセンセ。きょとんとしている純子さんに「なんでかねぇ、みんなはそこんとこ分かってくれん。変わってるなぁ」とセンセ。「大先生とお話していると私のほうが変わっているような気がしてきました」と笑う純子さん。「そやないんですか?」と笑うセンセ(^-^)
 
仕事部屋。町子さんは家計簿を読み続けている。ふと日付の下にある「あ-9」「し-3」という書き込みを見つける。「なんの記号?」と考え込む町子さん。
 
診察室前。「お大事に~」と患者さんを見送った鯛子さん、背後に町子さんがいて「うわぁ!」とびっくりする(^O^)「終わりました?休憩ですね?」と鯛子さんに確認して診察室に入る町子さん。「健次郎さん、やりましょう。やらなければいけません。やるんです。やらなければだめなんです。やるんですよ。やらなあかんのですって」とまくしたてる。困惑するセンセ、「文法の何段活用かって、国語弱いねん、僕は」とセンセ(^O^)何事?と鯛子さんとイシさんも遠巻きに気にしている。法事を家でやりましょう、と町子さん。家計簿に書き込んであった記号をセンセに見せる。「『あ-10』は『赤い鼻緒のじょじょ』の原稿が10枚、『し-3』は春秋関西のエッセーが3枚」と解説する町子さん。家事に子育て、それと平行して原稿もちゃんと仕上げていた澄子さんを、同じ小説家として尊敬する町子さん。「澄子さんが好きやった人みんなに集まってもろて、ごはん食べて飲んでもろて、みんなで澄子さんの事を話してもらうのよ」と熱く語る町子さん。センセをじっと見つめ「鯛子さんも言うてくれたやないの、『奥さんの事、大好きでした』って」と町子さん。それを聞いてイシさんと顔をあわせ微笑む鯛子さん。純子さんも鼻の頭を真っ赤にしてうるうるして町子さんたちを見ている。
「こんなすごい人がいてたことをね、忘れたら絶対アカンと思う。いいでしょ?ねぇ、いいでしょ?」とセンセを見つめる町子さん。センセが黙っているのであらたまった声で「え~、反対意見は」と議長口調の町子さん。ちらっと町子さんを見て姿勢を正し、「ありません」とセンセ(^-^)「よしっ」とうなずいて笑う町子さん。
 
そして、その夜、居間。ラジオから流れる「ブルー・シャトー」を口ずさんで上機嫌の町子さんが後片付けをしている。そんな町子さんを横目で見てニコニコしているセンセ。そこに晴子さんが帰ってくる。「あ、そや、あのな、やっぱり日曜日、家で法事する事にしたからな」とセンセに言われ驚く晴子さん。「私…私、日曜日、仕事やねん」と言葉少なに立ち去る晴子さん。ため息をついて複雑な表情でテーブルを拭く町子さん。

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
徳永イシ 岩本多代
片平鯛子 小西美帆
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
藤木澄子(写真) 中井佳代
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
NAC
キャストプラン
劇団東俳
日本芸能センター
 
徳永喜八郎 小島慶四郎
矢木沢純子 いしだあゆみ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
芋たこなんきん 第12週「おかあちゃん」 第69回
今日は町子さんの気持ちにうるるんしちまったぜ。>ぉ徳永家。法事は墓参りだと食事だけ。「行けへん。お墓怖い」(清志)「まだ、そんなこと言うてんのか。来んでええ」(健次郎)清志の部屋。「おばちゃんの本読んでくれたん?たくさんの人が死んでしまうから恐かったん...
URL 2006/12/20(Wed)21:59:16
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]