忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[40]  [39]  [46]  [45]  [44]  [38]  [35]  [34]  [37]  [33]  [36
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/23 (Mon)
<あらすじ>健次郎(國村隼)たちの看病で徳永家に泊まり込んでいた町子(藤山直美)。家族のかぜも治り、帰ろうとしたが、健次郎と話が弾み、弾みだしたら止まらなくなるこの2人。町子が自身の初恋の思い出を話しだす。昭和13年、10歳の町子(山崎奈々)は、同級生のマサル(北方将太)に恋心を寄せていた。同じころ、叔母の文代(増田未亜)が、写真技師の亀田(山下徹大)とひそかにあいびきしているのを町子は目撃する。

徳永家、夜。時計の針は9時40分過ぎを指している。町子さんの少女時代の回想。これまでの放送で流れたダイジェストなんだけど、あらためてこの家族を見ると、どの人も個性タップリ(*^_^*)
 
センセ、町子さんに初恋のことを聞きたがる。最初、恥ずかしがっていた町子さんだが、自分から話し出す(笑)このへんのやり取りがとても自然で○(^_^)v
 
~回想~昭和13年11月、大阪市立福島南尋常小学校。少女・町子は友達から「まこちゃん」と呼ばれている。そして、勉強もスポーツも出来るマサルくんに恋してるようです。この学校がまた味のある建物で好きだなぁ。。階段のとこに「30°」って書いてあったのは勉強のためか、それとも落書きか(^^ゞ
廊下で騒いでいるのを先生に怒られ、職員室の入り口で立たされている町子。頭に本2冊、手にはバケツを持ってます。ああ、昔からの「廊下で立たされている」イメージそのものだ(^O^)今、これをやったら「体罰」になるんでしょうか。。暴力は反対だけど「愛の鞭」はいいとおもうけど。僕なんか頭は出席簿で叩かれたし、グランドは何週も走らされたし、体育館で正座も何度か(^^ゞ
 
マサルくんに、立たされていたところを見られ落ち込んでいる町子。家にかえるやランドセルをぽいと置いて、愛犬ポパイの散歩に出かける。散歩の途中、空き地でツンツンこと文代と技師の亀田が人目を忍んで「あひびき」(笑)しているのを再び目撃。
 
夜、花岡写真館の子供部屋。町子が人形を相手にひとり芝居をしている。マサルと町子のお話らしい。町子、完全に妄想の世界に浸りきっている(笑)跳ね飛ばされた人形を拾い、「おねえちゃん…アホや…」と言わんばかりに呆れ顔の孝子。
 
翌日、級友達にマサルのことが好きなんだろう、とからかわれ、「そんなことあらへん」と思ってもいないことを言う。そこを当のマサルに見られ、崩れ落ちる町子。う~ん、もしかして妹の孝子ちゃんが言いふらしたのかな?(^^ゞ
 
夜、花岡写真館では夕食の準備。ツンツンが料理を習っていて「ハッシュ・ド・ビーフ・ライス」を作ったようだ。これって、ハヤシライスのことかな。。おいしそ(*^_^*)孝子ちゃん、「ハックョンBライス」じゃないよ(苦笑)徳一とうちゃんも常太郎じいちゃんも「ハッシュ・ド・ビーフ・ライス」ってきっちり言うのが笑える。そして、ツンツンが亀田との事で苛立っていることもあって、しょーもないことで大騒ぎになる。常太郎に怒られ部屋を出て行くツンツン。
 
花岡写真館撮影スタジオ。茂と浦田が卓球をしている。夜は娯楽室になるようだ。卓球台をぼーっと見ている文代。町子はソファーで本を読んでいる。そして、徳一とうちゃんの弾くギターで孝子が歌っている。
 
<メモ>
徳一&孝子が歌っている歌「マイ・ブルー・ヘブン」
朝ドラをよく見ている人で、この曲を知っている人はニヤリとしたかも。
邦題は「私の青空」。徳永センセの妹・晴子を演じている田畑智子さんが朝ドラヒロインを務めた作品も「私の青空」でしたね。
 
孝子の歌う「私の青空」が流れる中、月夜が青空に変わる。こういう演出、好き(*^_^*)座敷で常太郎が立ったまま、ツンツンに昨夜何をしていたのか問いただしている。その様子を廊下から覗き見している町子。文代と和代さんもいる。町子ちゃん、ほっぺたに跡ついてるで(^^ゞ次第に声を荒げる常太郎。ついには外出禁止を言い渡して部屋を出て行く。あらら、おじいちゃんを完全に怒らせちゃいましたね。部屋を出て行くとき、足の小指を机にぶつけて痛がる一徳さんを期待したのは僕だけ?(^^ゞ
 
~回想終わり~ふたたび徳永家。こそこそと話し合っている町子さんとセンセを見に来るおじいちゃん。ん?腰はもういいのかな?話の中に「おじいちゃん」というフレーズを聞いて自分のことを話しているのと思ったのか苦笑いしながら「よぅしゃべるなぁ~」。ふっと思い出したようにトイレに向かうおじいちゃん。センセ、町子さんの初恋の話が脱線して、ツンツンの逢引きの話になっていたことを指摘。時計の針は11時を回っている。うん、しゃべる、しゃべる。
プチ予告は町子少女編ですね。あしたもしゃべる、しゃべる(^O^)/

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永喜八郎 小島慶四郎

花岡和代 鈴木杏樹
花岡昌江 尾野真千子
花岡文代 増田未亜
亀田 山下徹大
花岡茂 西川忠志
花岡イト 宮田圭子
浦田 にわつとむ
花岡町子 山崎奈々
花岡孝子 中山桃
野山 稲 健二
お手伝いさん 細川友美
マサル 北方将太
いずみ 小林ゆか
ヨシコ 安部洋花
級友 林史隆
    山本司
    河本竜志
    辻俊成
 
NAC
劇団東俳
劇団ひまわり
舞夢プロ
グレース
キャストプラン
日本芸能センター

花岡常太郎 岸辺一徳
花岡徳一 城島茂
花岡ウメ 淡島千景
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]