忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[43]  [47]  [42]  [41]  [40]  [39]  [46]  [45]  [44]  [38]  [35
2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/24 (Tue)
<あらすじ>深夜、時間を忘れて町子(藤山直美)は自分の初恋の苦い思い出を健次郎(國村隼)に話す。10歳の町子(山崎奈々)が恋心を寄せる同級生・マサル(北方将太)。そのマサルが町子の妹・孝子(中山桃)の行方不明事件に巻き込まれ、町子の家の庭にたまたまいたとき、洗濯物を取り込んでいた町子の祖母のイト(宮田圭子)が、マサルに気づかずに町子にズロースを渡してしまい、ズロースをマサルに見られ、町子は赤っ恥をかく…。

昨日の続き。町子さんの初恋話が始まる。
~回想~花岡写真館。町子の叔母達の部屋。昌江は本を、ツンツンはつまらなそうに爪をいじっている。町子たちの部屋では孝子が、町子のやっていたひとり芝居を真似ている。「あぁ、あほらし…」と人形を投げ出す孝子。やっぱりあほらしいと思ってたのね(^_^)
 
食堂で常太郎、徳一、イト、和代が食事をしている。外出禁止は厳しすぎる、と徳一。頑固オヤジを通そうとする常太郎。ああ、険悪なムード。イトさんの「お茶は?」に対して、「いらん!」と、八つ当たり気味の常太郎。この一言がのちのちまで尾を引くとは思ってもいなかった常太郎であった(笑)
 
近所の空き地で「少女の友」の表紙を見て、ため息をついている町子。中原淳一の描いた少女のように鼻を高くしようとする町子。そこにマサルくんが通りかかる。ありゃ、普通に会話してる。町子はマサルくんのことが好きで、話しかけることも出来ないのかと思ってたので意外(^^ゞ
自分の書いたお話を読んでもらおうとマサルに話しかけるが、塾があるからと言ってさっさと行ってしまうマサル。この時代でも塾通いの子っていたんですね。僕も小学生のときから塾に行ってたけど、遊び倒してました(ダメじゃん)(^^ゞ
 
花岡写真館。和代さんがびっくりした顔で町子の顔を見ている。どうやら、マサルくんと同じ塾に行きたいと申し出たようだ。もちろんマサルくんのことはナイショのはず(^^ゞ町子が本気で勉強するつもりになったとばかり思って大喜びの和代さん。あの…夢かどうか確かめるのは普通、自分のほっぺたをつねるんですけど(笑)
 
叔母達の部屋。読んでいた本を覗き込もうとする孝子を子ども扱いするツンツン。ぷーっとふくれっ面をする孝子。バアバア婆ちゃんの部屋では、イトさんが子供のしつけについてお小言を言われている。「なんで私ばっかり」とでもいいたけな表情のイトさん。部屋を出るとカリカリしまくりのイトさん。常太郎じいちゃんも触らぬ神にタタリなしとばかり、そそくさと出かけていく(笑)怒ったり飄々としてたり、一徳さんのこの変わりようが面白い。
 
空き地。徳一と孝子がポパイの散歩に来ている。「帰りに千代紙買うたるわな」と言う徳一に「いらん」と孝子。家族のみんなから子ども扱いされるのが相当気に入らないようだ。そこにマサルとその母がやってくる。犬の名前がポパイということから話が弾んでしまう徳一とマサルの母。
しばらくしてマサルの声に、時間がそうとう経っていることに気づく二人。そして孝子とポパイがいない事に気づく。徳一とうちゃん、よその奥さんと嬉しそうに話してて子供がいなくなるまで気がつかないのはまずいでしょ(^^ゞ
 
花岡家。孝子が帰ってきていないか確かめる徳一。そこにマサル親子もやってきたので、つい「最近の学校の教育方針について」立ち話してたと嘘をつく徳一。その顔をまじまじと見て「あんた、うそやろ」とでも言いたげな和代さん。窮地に追いやられそうになり、妙な中腰で外に探しに戻る徳一(笑)あとを追うマサルの母と和代さん。そして、町子とマサルが残った(^_^)v
 
座敷では常太郎がイトさんにまた子供のことについて文句を言っている。そして湯飲みのふたを取るとお茶が入っていない。洗濯物を取り込むと言って、常太郎を無視して立ち去るイトさん。しかたなく急須からお茶を注ごうとする常太郎だが、お茶が出てこない。常太郎さん、イトさんに「お茶はいらん!」と怒鳴ったのがここまで引っ張られてるんですよ(^_^)夫婦といえど、八つ当たりは良くありません。ささ、僕からお茶です( ^^) _旦~~
 
花岡家裏庭。町子とマサルが、孝子たちの帰るのを手持ち無沙汰に待っている。町子はマサルと一緒にいられるのが嬉しくてたまらない。そこに乾いた洗濯物を取り込んだイトさんがやってきて、町子にズロースを渡す。穴の開いたズロースを手に取り眺めている町子。ふと目を上げるとこっちを見ているマサルと目が合う。事の次第がやっと分かり、絶叫する町子。うん、これは恥ずかしい(^^ゞ
 
夜、花岡写真館。ポパイが鎖につながれ、孝子が戻っている。ちんどん屋の音に引かれてついていったらしい。孝子に注意する徳一に「お父ちゃんがおばちゃんと楽しそうにおしゃべりしてたからやんか!」と反論。気まずい雰囲気の徳一(笑)マサル親子が去る。孝子を家へ入れ、徳一を残して戸をぴしゃりと閉める和代さん。あ~あ、怒らせちゃったぁ(^O^)
 
食堂では寂しい食事が。。茂と亀田・浦田は先に食事を済ませていて、町子とツンツンの姿も見えない。イトさんと和代さんの機嫌がなぜか悪い(笑)あとからやってきた町子に八つ当たりされ、常太郎からも子ども扱いされて泣き出す孝子。今日のお話は、孝子ちゃんが子ども扱いされているということと、嫁さんを怒らせると旦那は立場が弱い、というポイントがうまく組み込まれてましたね。
 
叔母達の部屋。ツンツンが窓を背に、もたれかかって真っ赤なマニキュアを塗っている。町子は町子で、ズロースをマサルに見られたことを後悔しきり。自分の部屋の真ん中で大の字になってバタバタ暴れている。常太郎たちの部屋ではイトさんの膝枕で孝子が眠っている。横で晩酌している常太郎のおかわりにイトさん、完全無視を決め込む(笑)食堂では和代さんが町子のズロースの穴を繕っている。長いテーブルの端っこに徳一が座って新聞を読んでいる。時折、新聞の上から和代さんの様子をうかがう徳一。再び町子の部屋。「マサルくん…」とつぶやいて、涙を流す町子。家族のみんながそれぞれの思いを抱いて夜は更けてゆく。。~回想終わり~
 
徳永センセ爆笑。「笑わんといて」と町子さん。今度はセンセンの初恋話。12歳のとき音楽の先生に。町子さんも言ってるけど、ませてたな~センセ(^^ゞあ…僕も音楽の先生のこと好きになったことあったっけ。。なんだセンセ、僕と一緒じゃん(^O^)しっかし、町子さんの初恋話に比べて短かッ(笑)お互いの悲惨な初恋話を笑いあうふたり。時計の針は深夜12時半を回ってしまっています。食卓の上には、白イカとちりめんじゃこだけ。極上の酒の肴は二人の思い出話、ってとこでしょうか。
こうなったら、ふたりのおしゃべりにとことん付き合いまっせ~(^_^)v

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼

花岡和代 鈴木杏樹
花岡昌江 尾野真千子
花岡文代 増田未亜
花岡イト 宮田圭子
花岡町子 山崎奈々
花岡孝子 中山桃
千代 出口結美子
マサル 北方将太
お手伝いさん 細川友美
劇団ひまわり
グレース

花岡常太郎 岸辺一徳
花岡徳一 城島茂
花岡ウメ 淡島千景
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>スヌーさん
お茶の件は、僕が勝手にそう思っただけですよ(汗)

僕は田辺さんの本を読まずにドラマに突入しているので、ファンの方達とは見るポイントが多少異なると思います。それに、僕にとっては、どれもこれも初めて見るエピソードですし(^^ゞもちろん、ピンポイントが鯛子ちゃんであることは言うまでもありませんが(笑)

このブログの基本は、小西さんが出演しているドラマの覚え書きのつもりで書いているだけなので、「解説」ではなく「あ~こんな観かたしてる人もいるんだ」ぐらいで見に来ていただければ幸いです(^^ゞ
とく URL 2006/10/25(Wed)00:24:49 編集
こんばんわ☆


~~旦_(-ω-`。) ドモドモ

なるほど、そこまで引っ張ってきてたんですか!
まだ、見方が甘いでした(^^;)田辺ファンとしては、原作にないお話ばかりで、ちょっと…なんですが、とくさんの解説読むとおもしろいですね!
スヌー 2006/10/24(Tue)23:41:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]