忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[51]  [55]  [49]  [54]  [48]  [43]  [47]  [42]  [41]  [40]  [39
2017/05/27 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/28 (Sat)
<あらすじ>子どものころの思い出話をする町子(藤山直美)と聞き入っている健次郎(國村隼)。不運が続きピンチに立たされた花岡写真館の結末、隣のカフェの女給の子ども朝子(植野瑚子)にむごいことをした後悔の念を語り、目が潤む町子だった。気づけば朝となり、丸々一晩語り明かしていたが、話せば話すほど2人の距離は近づき、それでもまだ話すことは、山のようにありそうで…。2人の時間の大切さをいっそう強く感じさせる夜になった。

写真館のピンチと友だち朝子との切ない思い出を語っている町子さん。
 
~回想~前回の続き、夜、写真館の前。町子が徳一たちの帰りを待っているが、いつまでたっても帰ってこないので写真館に入る。すると、スタジオに徳一たちの姿が。すでに裏の入り口から帰っていたようだ。心配そうな町子を安心させるため平静を装っているが、疲れが顔に出ている3人。
茂くんと浦田くんは、泣き出した町子ちゃんを見て、気まずそうですね(^^ゞ
 
薄暗い食堂のテーブルに、町子と徳一・茂・浦田の茶碗だけが出ている。時計がボーンボーンと9つ鳴る。そして常太郎が戻ってくる。徳一たちを黙って見渡す常太郎。
 
<常太郎の言葉>
「茂、浦田くん。気持ちはわからへん事はないねんで。何を撮りたいか、色々あるやろ。けどな、『責任』なんや。写真屋はお客さん一人一人の『思い出』を扱こうてる。その責任や。それが分かってたらもうええ。」
 
若いもんの気持ちも理解してて、仕事に対して真剣に取り組んでいる常太郎じいちゃんならではの重い言葉です。コミカルとシリアス、どちらも見事に演じきる一徳さん、流石。自分の判断が甘かった、と悔やんでいる徳一に「判断はわしの仕事や。今回は、わしが見通し間違うた」と言って微笑みながらお茶に手を伸ばす常太郎。しびれるぅ~(^^ゞ
 
町子たちの部屋。カフェから聞こえてくる声に目を覚ます町子。窓を開けてみてみるとカフェの前で鶴子と同僚とママがいる。泣き叫ぶ同僚、そして鶴子は着物の乱れを直している。またお客をとった、とらないで争ってたみたい。。視線を移すと朝子が立っている。優しく抱きしめる鶴子。それをじっと見つめる町子。鶴子さんってほんと、朝子ちゃんに優しいね(*^_^*)
 
朝、食堂。早々に食事を終えてスタジオに向かう茂。はりきってるねぇ(^O^)茂にせかされた浦田くん、食べかけのご飯を名残惜しそうにテーブルに置きスタジオに行く。「フフフ」と常太郎の笑いが聞こえて徳一が視線を送ると、何も無かったように茶漬けをすすっている常太郎。いつもの和やかな花岡家が戻ってきたことを感じ微笑む徳一。いい顔するねぇ、リーダー(^O^)
 
空き地。朝子が一人でマリつきをしている。そこに、人形を持って町子が来る。朝子が欲しがっていた人形をプレゼントするつもりだ。しかし、何も言わずかけ出す朝子。うわ~町子ちゃん、ますますブルーになってる。。
 
花岡家。洗濯物をたたんで立ち上がった和代さんの前を幽霊のようにすーっと町子が通る。驚く和代さんに町子は、これまでに朝子にしたことを話す。和代さん、きつく叱ることはしないで諭すように柔らかい口調。微笑みながら町子の頭をなでる杏樹さん、ほんと優しそうでええわぁ(*^_^*)町子ちゃんの泣きの演技もうまいし。
 
数日後、カフェローズ。従業員から鶴子が店を辞めたと聞く町子。人形を抱いて鶴子の住む家を探して歩く町子。こんな感じの道、うちの近くにもあったなぁ、懐かし。。
 
鶴子の家。ローズを辞めて先週から神戸で働いているという鶴子。朝子ちゃんは和歌山のおばあちゃんの家に行ってしまったんですね(>_<)花岡写真館で写真を撮るつもりだったという鶴子さんの話を聞いたとき、それが例のトラブル続きの日で、町子ちゃんのせいではないけど悪いことしたなぁって思ったんでしょうね。そんな表情に見えました。
 
花岡家。呉服屋がバアバア婆ちゃんの部屋で反物を並べて見せている。きれいな反物をバアバア婆ちゃんに選んでもらって大喜びする孝子とは反対に、朝子のことが頭から離れずぼ~っとしている町子。はっと我に返り喜びの表情を見せるが、となりにいる和代さんには町子が無理をして笑っているのが分かっているようだ。
 
うつむいて家の中を歩いている町子にイトさんが手紙が来ていると言って一通の封筒を渡す。裏を見ると「橋本朝子」とある。「あぁ!」と声を上げて一目散に自分の部屋に走る町子。息を切らせて封筒を開ける町子。
 
<朝子ちゃんからの手紙>
マコちゃんえ。いっしょにあそんでくれてありがとう。まりつきとおにんぎょうさん、あそんでくれてありがとう。おばちゃん、カステラ、ありがとう。あさこのおばあちゃんのとこは、やまでミカン、いっぱい、とれます。あまいから、マコちゃんもきっとおいしいいいます。とほいとこやから、おとうさんにつれてもろてでんしゃにのってきてな。あそびにきてな
 
わ~ん、朝子ちゃんの手紙、町子ちゃんに冷たくされたのに「ありがとう」がいっぱいで泣けるわぁ(>_<)それにあのお人形の絵まで描いてあるし(>_<)泣きじゃくりながら手紙を読む町子に、徳一が近づく。そして一枚の写真を手渡す。うわぁ~ん!町子ちゃんと朝子ちゃんが笑いながらマリつきしてる時の写真じゃないですかぁ。徳一とうちゃん、泣かせないでよ(>_<)常太郎さんが言ってた「お客さんの思い出を扱う責任ある仕事」をちゃんと果たしてる徳一とうちゃん、グッジョブ!(>_<)バックに流れている栗山さんの音楽もずるいや…涙が止まらなくなっちゃったよ(>_<)
~回想終わり~
 
徳永家。遠い目をして町子さんの語った切ない思い出話にひたっているセンセ。町子さん、ふとテーブルを見ると人影が写っている。見上げると、おじいちゃん。「はい、朝刊です。ようしゃべるなぁ~」と笑いながら去ってゆく。町子さんとセンセ、朝になっているのに気づかなかった様子。あーあ、とうとう朝まで語り合っちゃいましたね(*^_^*)ガラス戸を開けるとスズメの声や牛乳配達の自転車の音。朝の空気感を出すのうまいね。来週のプチ予告では町子さんとセンセ、なにやら楽しそうに踊ってますね。鯛子ちゃんは火曜日から登場かぁ。
来週も楽しみ♪

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永喜八郎 小島慶四郎

花岡和代 鈴木杏樹
花岡昌江 尾野真千子
花岡文代 増田未亜
花岡茂 西川 忠志  
花岡イト 宮田圭子
鶴子 大路恵美
浦田 にわつとむ 
花岡町子 山崎奈々
花岡孝子 中山桃
朝子 植野瑚子
竹子 有村茉佐子
佐代子 美津乃あわ
お手伝いさん 細川友美
呉服屋 旭屋光太郎
カフェの従業員 後藤啓太 
劇団東俳
劇団ひまわり
キャストプラン
 
花岡常太郎 岸辺一徳
花岡徳一 城島茂
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>タコマリネさん
こんばんは。今さっきまで3回目見てました(^^ゞ
今回は、じーんと胸にしみてきて知らず知らずに涙があふれてきますよね(>_<)

リトル町子ちゃん(byスヌーさん命名)の演技、ほんとうまいです。涙も嘘がないし、台詞も実感込めてるし。山崎奈々さん、今後も要チェックです♪

来週は久しぶりに鯛子ちゃんが出てくるのでそりゃあもう、楽しみです(笑)
とく URL 2006/10/29(Sun)01:03:03 編集
無題
こんばんわ、子役の町子ちゃん演技うまいですね。今日は2回見て2回とも泣いてしまいました。子供の頃ってあのような切ない思い出ありますよね。お母さん、お父さんとの会話も良かったですね。来週も楽しみです!
タコマリネ 2006/10/28(Sat)23:46:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]