忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[56]  [51]  [55]  [49]  [54]  [48]  [43]  [47]  [42]  [41]  [40
2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/30 (Mon)
<あらすじ>健次郎(國村隼)たちのかぜの看病で徳永家に泊まり込んでいた町子(藤山直美)は、家事をしながら予定通りの執筆の仕事ができたことから、徳永家に引っ越してくることになる。そして町子の仕事部屋として物置部屋を改装する。一方、町子の実家の花岡家では、町子の引っ越しの荷作りを母の和代(香川京子)と妹の孝子(メイサツキ)と弟の信夫(西興一朗)が手伝う。そして子ども時代の大掃除の楽しい思い出を回想する…。

徳永家、縁側。時の経つのを忘れ、朝まで思い出話を語り明かした町子さんとセンセ。お茶を準備しながら「引越ししてきていい?」と聞く町子さん。驚きながらも嬉しさを隠せないセンセ。家事をしながら小説は書けそうにないと思っていた町子さんだったけど、両立出来ちゃったんですね♪
原稿と町子さんをチラチラ見て、ぐいっと腕をつかんで階段下の部屋の前に連れて行くセンセ。物置に使ってる三畳の部屋を町子さんの仕事部屋に、と思いついたようだ。このふたり、思いたったら即行動ですね(笑)あっちに、こっちに、とセンセに連れ回されている町子さんが可愛い(*^_^*)
 
座敷に椅子とテーブルを置いて応接間にしようと提案するセンセ。うちも昔、畳の上にじゅうたん敷いて応接間にしたことあったなぁ。。再び、物置部屋を見にくる町子さん。暗闇の中で足をとられ、ガラクタの中に埋まってしまう。物音と叫び声を聞きつけてセンセと子供たち、イシさんがやってくる。イシさん、この辺には『イタチ』がいるんですか?(笑)ガラクタの中から救出(笑)された町子さん、頭がクモの巣だらけだ。やかんを火にかけたままだったのを思い出し、台所に急ぐ町子さん。徳永家の皆さん、爆笑。いいなぁ、こんな朝っぱらから笑顔の絶えない家(^O^)
 
花岡家。町子さんと和代さんが二階で引越しの準備をしている。ブリキの衣装ケースだぁ。まだうちでは使ってますよ♪そこに、孝子さん、信夫くんがやってくる。中ノ島の別荘は、池内先生たちが買ってくれるみたいですね。それにしても信夫くん、「僕らの安月給では」って、「ら」って…もしかして彼女?(^^ゞ引越しの後片付けも一段落してお茶にする花岡家の面々。ふと、子供のころの町内大掃除を思い出す町子さん。
 
~回想~昭和13年・夏。年に一度の町内一斉大掃除で、花岡写真館もお隣のカフェ・ローズも、家具や畳を通りに出して虫干ししている。手伝いもしないで、畳をはがしたあとに敷いてあった古新聞を読んでいる常太郎じいちゃんを僕は見逃しません(笑)僕も畳の下の古新聞、楽しみでしたよ。もっぱら見るのはラテ欄でしたが。あ、こんな番組やってたやってた、て(笑)町子たちの楽しみは、畳のへりから落ち込んだ一銭玉を探すことみたいですね。と、イトさんの絶叫が響き渡ります。町子たちが見に行くと、蛇のぬけがら(脱皮したあとの皮)が押入れに残っている。へっぴり腰で取ろうとしている浦田くんと、彼を押している昌江さんが愉快♪ひょっこり見にきていた徳一とうちゃんの逃げ出し方にも爆笑♪~回想終わり~
 
お茶を飲みながら思い出し笑いをしている町子さんと孝子さん。「そんなことあったかいなぁ?」と言う和代さんには記憶にないようだ。蛇のぬけがら、縁起もんだと言われて僕も財布の中に入れてた時期があったなぁ。。
 
~回想~花岡写真館の近くの神社。バアバア婆ちゃんが近所の老人たちと掃除の間、避難しに来ている。町子と孝子もいる。そこに常太郎登場。ぶらぶして、掃除手伝わないの?(苦笑)重箱に手を伸ばして、バアバア婆ちゃんから子ども扱いで叱られる常太郎。それが嫌で立ち去ろうとするが、道の渡り方まで指図されて、それを聞いていた孝子が笑い出す。居づらくなった常太郎、おもむろに下駄をけり投げて明日の天気を占う。これは…一徳さんのアドリブかな?芸達者な人ばかりで、どこまで脚本どおりかわからん(^^ゞ
 
花岡家では畳の下に敷く古新聞が並べられている。押入れの前で蛇のぬけがらが目に入り、お手伝いさんに何とかして、と頼むイトさん。そうそう、お手伝いさんは「さっちゃん」て呼ばれてましたね。オープニングのテロップに名前出してあげればいいのに(^^ゞ昌江さんも逃げ腰。そういえばツンツンの姿が見えない。どこに行ってるんだろ。。常太郎に頼んでも大きなことばかり言って結局怖くて立ち去る(笑)男ってね、蛇の苦手な人多いんですよ。ただのぬけがらでもね(^^ゞ
 
夕暮れが近づき蜩が鳴いている。大掃除も終盤を迎え、バアバア婆ちゃんが戻ってくる。家具を元の位置に戻している男たちの耳にバアバア婆ちゃんの叫び声が。家族たちがバアバア婆ちゃんの部屋に駆けつけると座布団の上になぜか蛇のぬけがらが。みんなに押され、蛇のぬけがらを取る役目を負わされた徳一とうちゃん。あはは、このシーンの城島くんはバラエティー番組で見せる表情してますね♪~回想終わり~
 
大笑いしている町子さんと孝子さん。その横でニコニコしているだけの和代さん。結局、バアバア婆ちゃんの部屋に蛇のぬけがらを持ち込んだ張本人は誰なのかわからずじまいだったようだ。犯人探しを沈静化させようとする町子さんが妙に怪しい。孝子さんも怪しんでいるみたい。
 
引越しの掃除も終わり、寿司を囲んでいる花岡家。あいかわらずハマチに執着している町子さん(笑)和代さんに好きなものを取るように勧めているときの町子さん、アドリブかなぁ。んもう、考えるのやめよう(笑)この人たちにはかないません(^^ゞ
 
夜も更けて、徳永センセが町子さんを迎えにくる。玄関を出て行く町子さんに「お姉ちゃん!」と呼びかける孝子さん。いいシーンです。なんとなく名前を呼びたくなる時ってあるよね。町子さんも目に涙浮かべてるし。。町子さんの「ほな」に「ほな」で返す和代さんも素敵な顔してるわ。
外に出ると、荷台に荷物をいっぱい積んだ車が停まっている。こ、これはもしや、コンちゃんのミゼット。住み慣れた花岡家の二階の灯りを名残惜しそうに見つめている町子さん。それをやさしく見守るセンセ。車に乗り込むとき、町子さんが乗ったら車体がずっしり沈むのが可笑しかった(^O^)
 
花岡家、台所。和代さんがお守り袋からニコニコしながらなにやら取り出している。そ、それは蛇のぬけがら!孝子さんの声にあわてて隠す和代さん。ああ、バアバア婆ちゃんの部屋にぬけがら置いたのは和代さんだったんですね。そういえば、婆ちゃんが夕方戻ってきた時じっと見てたし、町子さんたちの思い出話のときも、覚えてないって言ってたけど、もう一度巻き戻して見てみると、ああ、しらばっくれてたんだ。和代さんって、かわいいね♪仕草とかかわいらしさとか、杏樹さんと京子さん、すごくシンクロしてると思う。
さて、いよいよ明日からは徳永家が中心でお話が進んでいくことになりますね。楽しみ♪

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
花岡和代 香川京子
徳永イシ 岩本多代
北村孝子 メイサツキ
花岡信夫 西興一朗
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝

花岡和代 鈴木杏樹
花岡昌江 尾野真千子
花岡町子 山崎奈々
花岡イト 宮田圭子
花岡茂 西川 忠志  
浦田 にわつとむ 
花岡孝子 中山桃
お手伝いさん 細川友美
NAC
劇団ひまわり
劇団東俳
キャストプラン
舞夢プロ
グレース

花岡常太郎 岸辺一徳
花岡徳一 城島茂
花岡ウメ 淡島千景
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>スヌーさん
こんばんは♪
昼間、会社で見ててくすくす笑ってました(^O^)
僕的なつっこみどころ満載でした(^_^)v
今から3回目見て感想書きますね♪
とく URL 2006/10/30(Mon)23:27:06 編集
こんにちわ!
今日はツボ!も、ホロリ!も満載で楽しかったですね♪
とくさんの感想も楽しみですわ♪
動くミゼットなんて、何十年ぶりに見たかしら?
うふふ…
スヌー 2006/10/30(Mon)16:04:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]