忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[58]  [53]  [57]  [56]  [51]  [55]  [49]  [54]  [48]  [43]  [47
2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/01 (Wed)
<あらすじ>徳永家に入った町子(藤山直美)は、近所の工藤酒店の貞男(荒谷清水)からサインを求められる。また、寺の住職・一真(石田太郎)からもサインを求められる。そして近所の住人からも同様にサインを求められ…。一方、徳永医院では、新婚旅行中の老人・有田(藤村俊二)と若い妻(今村恵子)がやってくる。有田は「胸が苦しい」と健次郎(國村隼)の診察を受ける。健次郎は、有田に早く帰って詳しい検査を受けるよう促すのだが…。

徳永家、朝。「赤いキレ、赤いキレ」と言いながら町子さんとパジャマ姿の隆くんが家の中を走り回っている。どうやら、体操服のゼッケンの布を探しているようだ。子供って、こういうこと当日になってから言うんだよね(^^ゞ「針とイト、ハリトイト、ハリトイト…」って町子さん、呪文のよう(^O^)
 
体操服に赤いキレを縫い付けている町子さん。「3-5 徳永」と書いてあるから登くんのかな?必死の町子さんに対して家族の皆さん、マイペースでご飯食べてるし(笑)「おばちゃん、ありがとう!」って子供たち、感謝の気持ちを素直に言えて大いによろしい。しかし町子さん、あわてて縫ったから、エプロンとゼッケンがくっ付いてるよ~。イシさんもセンセも、くすくす笑っている場合じゃないでしょ(^O^)「早よう早よう!」って騒いでる子供たち、エサをもらうときの野鳥のヒナみたい(苦笑)
 
台所で食事の下準備をしながら原稿のチェックをしている町子さん。そこに編集者から電話がかかってくる。「まいど~」と酒屋の声。町子さん、朝から大忙しですね。忙しい時に酒屋のおっちゃん、サイン頼まなくても(^^ゞおまけに吉川英治の宮本武蔵が好きだからって、話が長いっちゅうの!(笑)
 
徳永医院。鯛子さんが診察室の戸を開けると、老人と娘さんらしき人が入ってくる。おっ!おひょいさん、あいかわらずダンディですね。この歳でピンクのシャツが似合う人は稀ですよ(^^ゞ
胸が痛い、という老人の診察が始まって鯛子さん、てきぱきとシャツを手繰り上げる補助にまわる。旅行中で主治医と連絡が取れなくてここに来たようだ。主治医とはまた、この老人、お金持ちかな。旅行中と聞いてセンセ、娘さんと一緒でうらやましいと言うと、娘さんと思われていた女性が「新婚旅行です」ときっぱり。これには鯛子さんもおどろいてカランカラ~ン♪って何か落とすし(笑)「し、失礼しました」と、センセと鯛子さんが声をそろえて謝る。ドリフのコントみたい(^O^)老人と若い奥さんをチラチラ見比べてる鯛子さんがかわいい(*^_^*)にしてもおひょい夫婦、病院でいちゃつくなっ!ての(^^ゞ鯛子さんもセンセもあきれてる感じがよく出てて面白いです。
 
仕事部屋で町子さんが原稿を書いている。住職の声がして執筆の手を止めて玄関に向かう町子さん。この部屋、失敗だったんでは(汗)住職もサインを書いてもらうために町子さんの本を持っている。好きな本の話になって、住職の話も酒屋のおっちゃんと同じように長くなりそうな気がしたんでしょうね。「武蔵」と言いかけてやめる町子さん(^O^)
 
いっぽう徳永医院。おひょい夫婦が診察室を出て行く。「次の方どうぞ~。やぁ♪」って鯛子さん、大崎のおっちゃんを見て嬉しそうじゃん(^^ゞおっちゃん、ほほをハンカチで押さえている。診察室に入ってハンカチをセンセに引っぺがされると見事な引っかき傷。奥さんに引っかかれたらしい。鯛子さん、センセから「鯛ちゃん」って呼ばれてるのね(*^_^*)「今度は何して怒らしたんや」と聞くセンセ。大崎のおっちゃん、常習犯かい(^^ゞ
 
大崎のおっちゃんが館主を勤める映画館・みゆき館。「本日休館日」の看板がぶら下がっている。雑巾を洗いながら爪を見つめため息をついている大崎のおっちゃんの奥さん・佐和子さん。おっちゃんを引っかいちゃって後悔してるみたい。
 
夜、徳永家。台所でサラダを盛り付けている町子さん。きれいに盛り付けられて満足そうだったが、子供たちは盛り付けよりも食い気優先。せっかくの盛り付けがあっという間にぐちゃぐちゃ(苦笑)笑いながらおじいちゃんも箸のばしてるし(^^ゞちょっとは町子さんに同情してあげて(^O^)
くよくよしてても、すぐに子供たちの食べっぷりの良さに笑顔になる町子さんが素敵です♪
 
バタバタとした一日が終わり、ほっと一息ついている町子さん。晩酌をしながらセンセとお互いに今日あった出来事を話し合っている。やがて歳の離れた夫婦についての話になる。
 
<町子さんの考える『可愛げのある男』>
「素直で、率直でね、ちょっと頑固」
カモカのおっちゃんにずばり当てはまりますね(^O^)
 
清志くんが玉入れの玉を作ってほしいと言いにくる。明日必要なのにこんな遅くになってから言わなくても(^^ゞ続けて由利子ちゃんもハチマキがほしいって。。もっと早く言いなさい、と怒らずに選手に選ばれたことをほめる町子さんがナイス♪
 
玄関から「こんばんは」と住職の声がする。昼間、町子さんにサインを書いてもらったことを町内の人たちに口を滑らせたそうで、そのサインを欲しがる人を連れてきたみたい。って住職、どんだけ口滑らしたらこんなに人が来るの?(笑)口軽いな~住職(^^ゞ
超多忙にもかかわらず、今日一日笑顔を絶やさない町子さんでした。明日もその笑顔で頼みますよ♪

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永イシ 岩本多代
片平鯛子 小西美帆
大崎俊平 櫻木健一
大崎佐和子 瀬戸カトリーヌ
工藤貞男 荒谷清水
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
 
有田老人 藤村俊二
有田優子 今村恵子
NAC
劇団東俳
キャストプラン
グレース
日本芸能センター

一真 石田太郎
徳永喜八郎 小島慶四郎
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]