忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[69]  [68]  [67]  [66]  [72]  [63]  [62]  [65]  [61]  [60]  [64
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/11 (Sat)
<あらすじ>健次郎(國村隼)が登(神保守)に手をあげたことで、町子(藤山直美)は子どもへの接し方で健次郎と言い合いをする。そんなとき、町子に親子川柳大会の審査の依頼がくる。上司とケンカして会社を辞めた矢木沢純子(いしだあゆみ)がこの川柳大会を主催する会社に就職し、町子を審査員に薦めたのだ。また、徳永家の周辺に健次郎の札つきの兄・昭一(火野正平)が出没し、徳永家にまた嵐が近づく…。

徳永家居間。町子さんとセンセが子供を叱るとき手をあげるか否かで言い合いしている。僕の子供のころは殴られるより長時間正座させられたり、押入れに放り込まれたりしました(^^ゞ
一方的に話をやめようとするセンセに困惑気味の町子さん。しかし、センセも町子さんのお父さんはどうだったか気になる様子。そして回想が始まる(笑)
 
~回想~紙芝居を見ている子供たち。紙芝居は「孫悟空と牛魔王の戦い」子供たちの中に孝子ちゃんもいる。紙芝居屋の後ろをため息をつきながら町子ちゃんが通り過ぎてゆく。それを見つけた孝子ちゃんだったが、紙芝居のほうに夢中だ。孝子ちゃんの食べてる麩菓子、なつかし~。近所の駄菓子屋では桜の木に見立てた名前で麩菓子売ってたなぁ。にしても紙芝居見てる子供たち、いい意味で古い顔してる子ばかり(笑)
 
町子ちゃんたちの部屋。筆箱を見つめ後悔している町子ちゃん。これが話に聞くセルロイドの筆箱でしょうか。孝子ちゃんが帰ってくる。買ったばかりの筆箱だが、町子ちゃんは気に入らないらしい。それを孝子ちゃんに返してきてほしいと頼む。孝子ちゃんが「かわいらしいなぁ」って言ってるから、妹にあげるかと思ったら(^^ゞ
姉の代わりに返しに行くのを嫌がる孝子ちゃんだったが、「おイモ」をもらえると聞いて引き受ける。孝子ちゃん、変わり身早っ!(笑)
 
夕方。おイモを食べながら物語を書いている町子ちゃん。今の町子さんとおんなじ(笑)「ただいま~」と孝子ちゃんが帰ってくる。よろこんで玄関に迎えに行く町子ちゃんだが、食べかけのおイモを孝子ちゃんに見つかり、あわてて隠す。町子ちゃん、嘘はだめでしょ(笑)
筆箱を返したお金をもらおうと手を出す町子ちゃんだが、お店の人に返金できない代わりに別なものを、と言われた孝子ちゃん、千代紙を手にしている。これに怒って叩こうとする町子ちゃん。
この騒ぎを聞きつけ、徳一父ちゃん登場。孝子ちゃんから事情を聞き、なだめようとする父ちゃんについ、「お金」のことをもらす町子ちゃん。困った顔をして町子ちゃんを見る徳一父ちゃん。
おじいちゃんからお菓子もらい、と聞いて大泣きしていたのに突然笑顔になり階段を駆け上がる孝子ちゃん。また、早ッ!(笑)
 
<徳一父ちゃんのお叱りの言葉>
(笑顔で)「物返すっていうような、自分が行くのも嫌なとこ、人に行かしたらあかんな」
 
町子ちゃんの頭を触り、それ以上何も言わず去って行く徳一父ちゃん。かっこええ~(*^o^*)
~回想終わり~
 
再び居間。「叩かれるより、よっぽどこたえた」と町子さん。なるほどな、という感じで聞いているセンセ。「最後は自分や。どんな怒られ方したとしても、考えるのは自分や。」とセンセ。これには町子さんも黙ってうなずく。さしつさされつの二人の夜は静かにふけてゆく。
 
徳永医院待合室。イシさんと鯛子さんが掃除をしている。鯛子さん(*^o^*)晴子さんが白衣でやってきて、鯛子さんの横に飾ってある花を見つける。シャンパン純子さんからのお礼の花束ですね。患者さんからのお礼という話題になり、一度ももらったこと無い、と晴子さん。と、そこに山内さんが笑顔でやってくる。結石が出てきて晴子さんにお礼がしたい、と山内さん。「そんな、気つかいはらんかて」と言いながらも、まんざらでもない様子の晴子さん。しかし、お礼の品がおしっこと一緒に出てきた石とわかり…(笑)石が小ビンの中でいい音させてましたね(^^ゞ
 
<メモ>
サニー電器主催
第7回 親子川柳大会
日時 11月12日(日) 午後1時~4時
賞品
1等 当社製 最新型カラーテレビ
2等 新潟産 新米3俵
3等 当社マスコット「サニーちゃん」特大人形
3等、いらない(^^ゞ
 
工藤酒店で川柳大会のチラシを見ている住職。いつものように派手な服で大崎のおっちゃんもいる(笑)どうやら工藤親子も大会に参加することなったようだ。勝つ気満々の工藤の大将。これで1等とって全国大会でも優勝するとハワイ旅行だとか。「アロハ♪」とか言っちゃって、完全にハワイに行くつもりになっている大将。おめでたい人だ(^O^)
 
徳永家居間。町子さんが電話に出ている。腕まくりをして濡れているあたりが家事の途中ってのがよく分かります。川柳大会に審査員として出てほしいという依頼の電話のようです。受話器を押さえて、ひょっこりやってきた清志くんに台所のコンロの火を見てきて、と小声で叫ぶ(笑)町子さん。あわてて電話口で川柳大会を「コンロ大会」と言ってしまう町子さん、面白すぎ(^O^)
 
会議室。川柳大会のことについて話し合っているらしい。町子さんを審査員に、と推したのは例のシャンパン純子さんだったんですね♪ということは、就職先はサニー電器?会議の席で発言をする純子さん、手短でgood(^-^)部長からも信頼されているみたいですね♪
 
夕方、町子さんの仕事部屋。川柳を読み上げ、ひとりで大笑いをしている(^O^)
 
<町子さんを大笑いさせた川柳>
「悪いことと 知ったか猫も ふり返り」
「オレに似よ オレに似るなと 子を思い」(麻生次郎)
もしや、麻生太郎さんのもじり?(^^ゞ
 
「父親なんかに似んでもよろし」と町子さんをじろっと見るセンセ、意味深ですなぁ(^O^)
ふいに庭から「ひきょうモノ~!」という声がして驚く町子さん。清志くんと登くんが丸めた新聞紙を刀に見立ててチャンバラごっこをしている。そこに隆くんが「赤影参上!」と言って唐草模様の風呂敷をマントにして登場。ちゃんと赤影の仮面もしている。ああ、この新聞紙の刀も仮面も、イタズラを反省した登くんがノリで作ってくれたんかな?などと思わせてくれる、いい余韻を残してくれるドラマです。遊んでいる3人の元気な姿に満面の笑顔の町子さん。
 
徳永医院の前に、旅行鞄を片手にサングラスをかけた謎の男が構えている。徳永センセが出てくる気配にあわてて身を隠す男。白衣姿で駆けていくセンセの後姿を見つめ、病院をまじまじと見る男。サングラスを取るとそれは…けんむん!いや、センセの兄、流れ者の昭一さんだ(^O^)
ただならぬ雰囲気の昭一さんを見つけ、じっと見ている子供たち。手招きして、へんてこな忍者の真似をする昭一さん。子供たち、笑いながら逃げていったけど、今やったら変質者で捕まりまっせ(^^ゞ昭一さんもセンセと同じく低音の魅力♪ええ声~(*^o^*)
 
スナック・アムール。昭一さんが物珍しそうに見ているとママが出てくる。お客と勘違いして店に招きいれようとするママ。昭一さん、いきなり「高いの?」て(笑)そう聞かれて「はい、うちの店は高いです」とは誰も言わないよ(^O^)ママさんとのやり取りがコテコテでgood(^-^)店に入るのやめたと思ったら、お店の晴美さんの顔を見て気が変わり「レッツゴー晴美~」て…酔っ払って顔が赤くなったらマジ「けんむん」ですね(^O^)ところでママさん、がま口持って出てきたのに。買い物に行くんじゃなかったの?(^^ゞ
 
徳永家居間。センセが身震いしている。どうやら昭一さんが近くに来ているのを察知した模様(^O^)「風邪かなぁ?」ってセンセのアゴを触る町子さん。普通、おでこ触りません?(^^ゞ
登くんのいたずらの一件がおさまったばかりの徳永家に来週は昭一台風襲来?川柳大会もあるし見所満載の予感(^O^)/ 
 
<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
徳永イシ 岩本多代
一真 石田太郎
大崎俊平 櫻木健一
片平鯛子 小西美帆
工藤貞男 荒谷清水
和田秋恵 三島ゆり子
山内寅彦 芝本正
晴美 美晴
篠崎 鍋島浩
社員 田畑利治
社員 工藤雅彦  
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝

花岡町子 山崎奈々
花岡孝子 中山桃
紙芝居屋 桂勢朝
劇団ひまわり
グレース   
NAC
キャストプラン
劇団東俳
日本芸能センター
 
徳永昭一 火野正平
花岡徳一 城島茂
矢木沢純子 いしだあゆみ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>スヌーさん
これでドラマガイドに載ってた主要キャスト揃い踏みですね(^-^)
火野さん、國村さんの兄役としては声もいいし、あやしいし(笑)、適役ですね。

隆くんの赤影、どう見てもちっさいから青影ですね(^O^)
さすがに僕は風呂敷をマントにして遊んだ世代ではありません(滝汗)
とく URL 2006/11/12(Sun)15:10:30 編集
無題
むふふふ、出ました♪
次々と存在感のある方がご出演でわくわくしますね!火野正平さん好きです。来週、たのしみ~(^-^)
ところで!当時の小学生として一つツッコミを!
赤影はマントではなく、赤いスカーフでしたよ。
唐草の風呂敷マントで真似したのは月光仮面で、もっと前になります。なぁ~んて、やってましたもん(^^;)
スヌー 2006/11/11(Sat)10:09:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]