忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[66]  [72]  [63]  [62]  [65]  [61]  [60]  [64]  [59]  [58]  [53
2017/10/19 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/09 (Thu)
<あらすじ>町子(藤山直美)の原稿の紛失事件で、家政婦のヌイ(西岡慶子)が辞めたことを知ってから登(神保守)の様子がおかしい。町子は紛失事件の真犯人が登であることを悟り、問いつめるが、登は本当のことを言わない。そんな時、町子は子どものころの苦い経験を思い出す。小学生の町子(山崎奈々)は、学校のテストの成績のことで、母・和代(鈴木杏樹)にウソをつき、ひどくしかられ…。

今日は登場人物が多いから、テロップの流れが早い早い(笑)
 
朝、徳永家居間。今日の朝食はパンですか。最近おじいちゃんの姿見ないけど、どうしたんかな?パンを焼く由利子ちゃんに、ついでに焼いてほしいと清志くん。「自分のことは自分でしてください」ときっぱり断る由利子ちゃん。町子さんの影響ですね(^^ゞヌイさんが辞めた話題になると、食べ残して登くんが立ち去る。めっちゃあやしい(^^ゞ登くんのことが気になる町子さん。
 
仕事部屋。町子さんがサツマイモ片手に執筆している。さらにはあと3本。ようけ食べはりますなぁ(笑)窓から登くんの姿が見える。なにやらしょげている様子。登くんに気づき、じっと見つめる町子さんに「花岡町子!」と小学校のときの先生の声が響いてくる。~回想へ~
 
小学校、教室。先生が算数の答案を返している。名前を呼ばれた町子ちゃん、答案を見ると「42点」ありゃ~(^^ゞ町子ちゃん、出席番号32番なんですね。
 
<メモ>
町子ちゃんが間違えた算数の問題
306.8+95.4=403.2
80-68.7=42.7
…(^^ゞ
 
点数が悪くてすっかり落ち込んでいる町子ちゃんにさらなる不幸が。答案を回収して各家庭に回覧するという。今これやったら、学校に怒鳴り込んでく親、いるだろうなぁ(^^ゞ
学校帰り、空き地でケンケンパを友だちとしている町子ちゃん。答案回覧のことをぐちっている。町子ちゃん、普段のテストはまあまあなのに、実力テストになると点数が悪くなるらしい。お母さんに怒られるのがかなり怖いようですね(^O^)
 
花岡家、お勝手。イトさんと和代さんが夕食の準備をしている。お茶を飲みながらそれを見ている常太郎。丹波のお客さんから栗をたくさんもらったので明日は栗ご飯らしい。孝子ちゃんがやってきたので「あしたな、栗ご飯やて」と言う常太郎。孝子ちゃん、大喜びで頭の上で栗の形を作ってスキップをする。なんか久しぶりにスキップしてる子供見た(^O^)しょんぼり帰ってきた町子ちゃん、孝子ちゃんに「お姉ちゃん、えらいことや!」と言われてびっくり。テストのことと頭の中で重なったんだね。「ええなぁ、子供は無邪気で」て、町子ちゃんも子供やん(^^ゞ和代さんに答案の事を聞かれてとぼける町子ちゃん。常太郎さんから栗ご飯のことを知らされても気の無い返事。あやしむ常太郎さんにあわてて孝子ちゃんと同じポーズで「栗ご飯コール」をする町子ちゃん。「子供は無邪気やなぁ」と言って栗ご飯の舞を見せる常太郎。そんなんしてたらバアバア婆ちゃんに「子供は無邪気やなぁ」って言われちゃいますよ(^O^)
 
次の日。お勝手で料理の支度をしている和代さん。その背後では町子ちゃんがしのび足でおイモを狙っている。突然「町子~」と和代さん。うしろにも目がついてるみたい(^^ゞ答案の事をまた聞かれるが嘘をつく町子ちゃん。なんか和代さん、うすうす知ってる感じだなぁ。
 
数日後。授業が終わり、友達たちと缶けりの約束をして帰宅する町子ちゃん。ただいまの挨拶もほどほどにランドセルを放り出して遊びに出かけようとすると、マサルくんとばったり会う。ふふふ、「かみます」の張り紙、ちゃんと貼ってあるね(^O^)マサルくんは試験の回覧を持ってきたのだ。こっそり回覧をランドセルの横に置き、忍び足で出て行く町子ちゃん。
 
空き地。町子ちゃんたちが缶けりをしている。陽が傾き、ひとりまたひとりと帰っていくお友達。夕方になり町子ちゃんだけが残る。懐かしい遊びしてますねぇ。こんな場所が少なくなったから、最近じゃ見かけなくなったなぁ。
 
バアバア婆ちゃんに「子供がこんな遅うまでおもてにいてたら、カモカにさらわれますねんで」と言われ、丁寧にあやまる町子ちゃん。お母さんの様子が気になる町子ちゃんだが、和代さんは無言のまま。しかし、あきらかに怒っている表情。こ、こわ~。怒鳴られるより怖いっす(>_<)食堂にみんなが集まってくる。元気が無いのを心配する徳一父ちゃんに首を横に振る町子ちゃん、今の町子さんと仕草が似てますね(^O^)
 
「ごめんなさい!ごめんなさい!」と町子ちゃんの声がする。それを階段に座って聞いている徳一父ちゃんと孝子ちゃん。二人そろって和代さんの厳しい声にびくっとしてる(笑)
回覧の町子ちゃんの答案を開いて、厳しく町子ちゃんが嘘をついたことを叱る和代さん。町子ちゃんはびくびくしてお母さんの目を見れない。
町子ちゃんの「ごめんなさい」を聞いたのか、和代さんの大声を聞いたのか、バアバア婆ちゃんが血相を変えて階段を上ってゆく。和代さんをなだめ、町子ちゃんをかばうバアバア婆ちゃん。町子ちゃんの頭をさすり、一緒になって頭を下げるバアバア婆ちゃんの姿にほろり(ノ_・。)様子を見に来た徳一父ちゃんと和代さんのアイコンタクトがgood~回想終わり~
 
仕事部屋。写真の中で笑っているやさしかったバアバア婆ちゃんを思い出している町子さん。ふとわれに返り、庭にいる登くんに声をかける。ヌイさんが原稿を新聞と一緒に縛ったと嘘をつく登くんに、「それは嘘やね」ときっぱり言う町子さん。さっと町子さんの顔を見る登くん。するとそこに往診に行く格好でセンセがやってくる。無言でしゃがんでいた登くんを立たせ、思いっきりビンタするセンセ。突然のことにびっくりする町子さん。センセ、今の話聞いてたんですね。明日は登くんが昔の町子さんみたいに「うそつきは泥棒の始まり」って怒られることになりそうです。。

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永イシ 岩本多代
工藤貞男(回想) 荒谷清水
近藤ヌイ(回想) 西岡慶子
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢

花岡和代 鈴木杏樹
花岡昌江 尾野真千子
花岡イト 宮田圭子
花岡町子 山崎奈々
花岡孝子 中山桃
野山 稲 健二
マサル 北方将太
ヨシコ 安部洋花
いずみ 小林ゆか
級友 林史隆
    山本司
    河本竜志
    辻俊成

劇団東俳
NAC
グレース
劇団ひまわり
日本芸能センター

花岡常太郎 岸辺一徳
花岡徳一 城島茂
花岡ウメ 淡島千景
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>スヌーさん
名古屋では「だ~るまさんがぁ~こ~ろんだっ!」でしたよ(^^ゞ
ケンパは「ケンケンパ♪ケンパ♪ケンパ♪ケンケンパッ♪」でした(^^ゞ
子供たちの遊びの中にあった言葉がだんだん減っていきますね。。
とく URL 2006/11/09(Thu)22:52:48 編集
懐かしい遊び♪
久しぶりに回想シーン。リトル町子は、やっぱり可愛い&うまい♪です。あれは実話ですけど、昔の大人はキリッとしてましたね~そして優しい。このドラマ、若い人には解らないかもしれないけど、今の殺伐とした世間に一番必要なこと思い出させてくれますね。ところで、「ぼんさんがへをこいた」の遊び、名古屋の方では、なんて言ってました?大阪はご覧の通りお下品です(笑
スヌー 2006/11/09(Thu)09:26:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]