忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[75]  [80]  [74]  [73]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [72
2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/17 (Fri)
<あらすじ>清志(小椋悠聖)から一生懸命さかあがりの練習をする理由を聞いた昭一(火野正平)は、町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)には内緒にしておくことを約束する。一方、町子は純子(いしだあゆみ)から昭一が何かの保証人を探しているらしいと聞く。町子は昭一にレストランを開く場所を見つけたと打ち明けられる。「お兄さんは何か頼み事があるのでは」と、それとなく町子は健次郎に話すのだが…。
 
仕事部屋に町子さんと純子さん。子供たちの授業参観が今度の日曜にあることをころっと忘れていた町子さん。週末が締め切りでは?と、さすが純子さん、町子さんのスケジュールを把握してますね(^O^)体が痛くて思うように執筆できそうにない町子さん。痛そ。。純子さんは「余計なことかもしれないんですけど…」と前置きして、どうやら昭一さんが昨夜、電話で話していた内容を町子さんに伝えたみたいですね。
 
診察室。また(笑)住職が検査に来ている(^O^)センセから町子さんが逆上がりをしようとしてひっくり返ったことを聞いて大笑いしている住職。「6人目の子供やな」と言いながら、ふと机の上の石に目をやる。前に見たときから気になっていたらしい。住職いわく、エメラルドの原石ではないかと。高校で考古学クラブだったから石には詳しい、と住職。考古学じゃないでしょ、石に詳しいのは(^^ゞ日の光にかざして石を見ているセンセと住職。そんなところに「次の人、呼んでもよろしいですか?」と鯛子さんがやってくる。鯛子さん、男が並んで石を見ている光景に引いている様子(^O^)本物なら2・3万はする、と住職。光ってると言われるがよく分からないセンセ(^^ゞ
 
縁側。「保証人…」と町子さんがつぶやいている。遠くから竿竹売りの声。ふと塀の向こうを見ると物干し竿がやってくる。昭一さんだ。町子さんが折っちゃったから買ってきたんだね。気が利くねぇ。女性からモテるはずだ(^O^)
縁側に並んで座る町子さんと昭一さん。お詫びのしるしに洗濯する、と昭一さん。一人暮らしが長いし旅が多いから何でもできるんですね。結婚は「正式」には一度もしてないそうで(^^ゞ町子さんもまだ婚姻届け「なんとなく」出してないらしい。「あんた、おもろい子やなぁ。俺と一緒になったらよかったのになぁ」と言う昭一さんに「私と健次郎さんね、『運命の出会い』なんです」と、昭一さんのキメぜりふを使う町子さん。「やられたぁ~」と笑う昭一さんと町子さん。予想通り、町子さんと昭一さん、気が合いますね(^-^)そんな光景を徳永医院の廊下から見かけるセンセ。
 
今夜泊まって明日帰る、と昭一さん。純子さんから「保証人」の事を聞いていた町子さん、昭一さんが仕事が終わったと言うのがウソだと見抜く。大阪万博をあてにして、レストランを開くのにいい出物を探していたら千里に見つけた、そろそろ落ち着こうかと考えていた、と白状する。
 
公園。清志くんが逆上がりの練習をしている。それを石段に座り見つめている由利子ちゃん。そこに昭一さんがやってくる。「なんであんなに一生懸命に…」という昭一さんにそっと耳打ちする由利子ちゃん。「清志に口止めされてるから」町子さんとセンセには言わないでと言う。「わかった。男と女の約束やな」と昭一さん。ん?「男と男の約束」ってのは聞いたことあるけど(^^ゞ清志くんが逆上がりに必死になっている理由とは。。
 
夕方、診察室。センセが戻ってくると、机の上においてあったはずの石が無い。あたりを見回し、机の下をのぞくセンセ。「何か探しものですか?」と聞く鯛子さんの手に石が(^O^)「これ、漬物石にちょうどええから頂こうかと」と鯛子さん(^-^)「あかんあかん、これエメ…」と言いかけてやめるセンセ。センセが取り上げようとしてもしっかりと掴んで離さない鯛子さん(^^ゞ「漬物石には小さいぞ」というセンセだが、「一人用に小さいのがあるんです」とふくれる鯛子さん。「はいはい、お返ししますやん」「…ケチ」て鯛子さん、勝手にもらうつもりになっててセンセにケチて(^^ゞ
うやうやしく机の上に石を飾り、まじまじと見つめるセンセ。
 
仕事部屋。執筆中にふと、授業参観のお知らせのプリントを思い出し探している町子さん。なかなか見つからないので、あっさりあきらめる町子さん(笑)そこに「あの…実は…」と純子さんがやってくる。これから知人の紹介で、旅行会社が面接してくれるそうだ。ま、まさか「そよかぜツーリスト」じゃないでしょうね?(^O^)「がんばってください」と言いながらも少し残念そうな町子さん。
 
夜、居間。みんなが食事している横で町子さんが電話に出ている。「…月曜日ですね」という町子さんの話を気にして聞いている由利子ちゃん。清志くんもチラッと見ている。
電話が終わり、食事を始める町子さんに「締め切りか?あんま無理しなや。腰、長引くで」とセンセ。苦笑いの町子さん。
登くんが清志くんに逆上がりのことを聞く。できないと恥ずかしい、という登くんに町子さんは「そんなことはない」と清志くんをかばう。それでもなお「そやかて学校で…」という登くんに「登!」と、いつになく厳しい口調で止める由利子ちゃん。「おじちゃんは?」と隆くん。マイペースやねぇ、隆くんは(^O^)なんとなく重い空気が漂う食卓。
 
台所。由利子ちゃんに手伝ってもらい、あとかたづけを済ませる町子さん。居間でお茶を飲んでいたセンセに「お兄さんのことなんやけど、なんか頼みごとがあんのとちがうやろか」と町子さん。「なんか頼まれたんか?」とセンセに聞かれ、「何にも頼まれてないよ」というが、センセは町子さんが何か隠しているのをお見通し(^^ゞていうか、町子さん、顔に出るからなぁ(^O^)
 
昭一さんの「保証人」のことを話す町子さんだが、センセは取り合おうとしない。昭一さんはこれまでも何度も倒産したり借金を踏み倒してるみたい。深刻な顔をしている町子さんに「あんた、それはアカンで」とセンセ。町子さんが昭一さんの保証人になるつもりでは、と思ったようだ。「考えてない」とは言ってるけど、町子さん本当は…どうなんでしょ。
そこに昭一さんがひょっこり帰ってくる。明日帰ると告げて、さっさと部屋を出て行く昭一さん。ほんとは保証人を弟に頼みたいのにね。。センセも何も言わない兄に、う~んといった感じ。口を出せないことがもどかしい町子さん。
 
翌朝、居間。新聞を読んでいるセンセのそばで昭一さんがコーヒーをすすっている。昭一さん、センセの顔をじっと見るが、センセは昭一さんを避けるかのように黙々と新聞を読んでいる。
昭一さん、サングラスをはずし、台所にいる町子さんに参観日に行って欲しいと言う。「できるだけ行きたいと思ってます」という町子さんに「あんね、なんぼ子供でも男っちゅうものは、好きな女の人の前で恥かくのが一番嫌なんや。ええとこ見せたいねんな」と笑顔で昭一さん。意味が良く分からず「はぁ…」と町子さん。
かばんを持ち、部屋を出ようとして「健、頼みあんねけどな」と言い出す昭一さん。「うん…」と座りなおして昭一さんを見るセンセ。ついに昭一さん、保証人のことを切り出すのかな?

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
一真 石田太郎
片平鯛子 小西美帆
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
カメラマン 上西雅彦

徳永昭一 火野正平
矢木沢純子 いしだあゆみ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
エメラルド原石の漬物石
さぞかし美味しいお漬物ができるんでしょうね(o^o^o)
しっかりつかんで放さない鯛子さんが今日のツボ(^-^)
とく@携帯から 2006/11/17(Fri)15:07:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]