忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[79]  [78]  [81]  [77]  [76]  [75]  [80]  [74]  [73]  [71]  [70
2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/21 (Tue)
<あらすじ>作家・町子(藤山直美)のよく行く店の紹介記事で、おでん屋「たこ芳」は繁盛したが、店に入りきれなかった客にちょうちんをつぶされる。だが、町子には知らせないよう周りは気遣う。一方、徳永医院では喜八郎(小島慶四郎)がお金をたびたび持ち出し、イシ(岩本多代)が健次郎(國村隼)に相談する。また、徳永家の男の子たちに、町子と仕事をしている出版社から少年雑誌の景品が届き、子どもたちは大はしゃぎするのだが…。

徳永家居間。町子さんとセンセ、イシさん、純子さんがお茶を飲んでいる。みゆき館で感謝されたことを話す町子さん。雑誌の影響力に感心するセンセ。純子さんは町子さんの影響力を力説する。若い女性読者が急増してるらしい。「女子供にだけ売れて喜んどったらすぐに飽きられます」とセンセからきついお言葉(^^ゞ「大先生は結構厳しいんですね~」という純子さんに「おおせんせい?」とセンセ。町子さんも徳永先生も先生だから、純子さんなりに呼び方を考えたみたい(*^o^*)
大先生と呼ばれ、まんざらでもない様子のセンセ、照れながらイシさんを見るが、イシさんはボーっとして聞いてなかったようだ。ぼっとしていたのをごまかすように、あわててセンセに往診に行くよう促す。「いってらっしゃい大先生~」と冷やかす町子さんに「うるさい、町子先生」と返すセンセ。
 
スナック・アムール前。ママと晴美さんが掃除をしている。なにやら取材が来るらしい。晴美さんに花を買ってくるように言い、商店街じゅうに聞こえるように「取材やでぇ~」と叫ぶママ。晴美さんはアモアモに載った、たこ芳のトラブルのことがあるので心配そう。ママは、りんさんの客さばきが下手だから、と嫌味を言う。
 
工藤酒店に住職が来ている。いつもいつも…寺は大丈夫なのか?(^^ゞ工藤の大将が配達のときに、提灯を破られて嘆いているりんさんを見かけたことを話している。「誰がそんな無茶すんねんな!」と激怒する住職。怒る前に、両手に持ったカンヅメ、降ろしなさい(^O^)おかみさんの推理ではアムールのママが犯人ではないかと。しかし大将によると、酔っ払いのお客とりんさんがもめて、そのお客が閉店後にいやがらせを。。なるほど、そんなことが。。雑誌に紹介したのが裏目に出て…と住職が話しているところに往診帰りのセンセがやってくる。「町子が何?」と聞くセンセに、口ごもる住職。工藤夫婦もとぼける。きょとんとしているセンセ。
そんなところにアムールのママが「こんにちは」とテンション高めでやってくる。センセと気まずい感じの大将、しめた、とばかりにママのもとへ。ひととおり注文するとたこ芳のことを話し出すママ。あせる大将と住職(笑)大将、ママの口を封じようと、あわてて新製品のウイスキーを見本でプレゼント(笑)あとでおかみさんに怒られるでぇ(^O^)大将の努力も甲斐なく、たこ芳のトラブルをしゃべってしまうママ。りんさんのことを思って涙ぐむが、どう見てもしらじらしい。「何かありましたんか?」と聞くセンセに、困った顔の住職。万事休す(^-^)
 
徳永家廊下。センセが帰ってくるのと入れ替わりに郵便局に向かう純子さん。町子さんはこれから編集者と会うようだ。お茶菓子を買って帰る、と純子さん。センセ、町子さんに「夕方ちょっと出かけてくるから…」と言う。そこに隆くんがお面を付けて、丸めた新聞紙を振り回しながらやってくる。「ウルトライダー見参!」とポーズを決める隆くん。ウルトライダー…すごい運転手のことかな(笑)ウルトラマンと仮面ライダーを合わせたのかも。。テレビで人気らしい。町子さんも「エイヤァ!タァ~見参~」とノリノリで仕事部屋に飛び込んでゆく。そんな町子さんを見て笑うわけでもなく、深刻な顔をしているセンセ。
 
待合室。イシさんとおじいちゃんが言い合いをしている。どうやらおじいちゃん、手提げ金庫のお金を黙って持ち出したらしい。騒ぎを聞きつけセンセがやってくる。なんでもない、とおじいちゃん。そんなおじいちゃんを見て困り顔のイシさん。
 
廊下を純子さんがお茶を持ってやってくる。応接間の戸を開けたとたん、隆くんが飛び込んでゆく。編集者の前でウルトライダーの決めポーズ。隆くんのライダービーム剣に「うわ~やられたぁ~」と合わす編集者、あんたいい人だね(^O^)テレビで子供たちに人気のウルトライダー、この人の出版社のマンガがもとらしい。オリジナルプレゼントを付けたことで売り上げが伸びたんだそうです。へぇ~、と感心する町子さん。
 
診察室。患者さんが途切れたのでイシさんがやってくる。さきほどの騒ぎをセンセに説明するイシさん。センセは以前からおじいちゃんがお金を持ち出していたことも、イシさんがこっそり返していたことも知ってたそうですね。知ってて黙ってたのね、センセ(*^o^*)持ち出したお金でお酒のみに行ってるおじいちゃん、元気やねぇ(^^ゞ金庫からすぐに別のところにお金を移すしか方法はなさそう、とほほに手を当てて、ため息をつくセンセとイシさん。おんなじポーズ(^O^)
 
夕方になり登くんが帰ってくる。傷だらけの顔を見て驚く純子さん。由利子ちゃんにケンカしたやろ、と言われても「してへん」と登くん。純子さんにケンカの原因を聞かれても黙ったまま。う~ん、もしかしたら町子さんのことで友達に何かされたのかなぁ。。
 
仕事部屋。純子さんから登くんがケンカしたことを聞き、「子供同士でもいろいろあるんやねぇ…」
と町子さん。「5人いると、楽しさも心配事も5倍なんですね」と笑顔で町子さんを見る純子さん。センセの場合は…と指折り数えて「大変やわぁ」と笑う町子さん。ちゃんと昭一さんも数に入れてましたね(^O^)
 
たこ芳。破れた提灯に灯かりがともっている。カウンターにセンセが一人、他にお客はいない。りんさんから提灯のことを聞いている。あの提灯は、ミナミでお店を出していた先代の大将が引退するときに譲り受けたもので大切なものだったらしい。最初はお客だったりんさん、その店で初めてタコを食べてうまかったと。西洋では「悪魔」扱いされてるタコを食べたから、もう怖いものはないだろうと先代の大将から店を継げ、と言われたそうです(^-^)先代からの提灯は壊されてしまったけど、大事なダシの味はちゃんと受け継いでいるから、とりんさん。
徳永のおじいちゃんが、先日の酔っ払いとの騒ぎのときに間に入ってくれたそうで。たまにたこ芳に来てるみたい。
 
スナック・アムールの前ではママが写真を撮られている。ママですら知らないような「月刊スナック」という雑誌に載るみたいですね。「今月の美人ママの店」ということで載る、と聞いて照れるママだったが、掲載料が10万円と聞いて驚く。いい宣伝になる、お客も増える、と言われるがお金を払うとは思っていなかったママ、露骨にいやな顔をする。
 
工藤酒店。数人お客が飲んでいるところに、おじいちゃんが作業員風の男二人を連れて入ってくる。すでに飲んでいるようで上機嫌だ。気前よく前払いをして男たちに酒を飲ませるおじいちゃん。そのお金、また金庫から黙って借りてきたんじゃ…
 
徳永家居間。顔に傷を付けてる登くんに「やんちゃばかりして~」と笑顔でイシさん。町子さんは心配そう。イシさんの「お友達はケガせえへんかったの?」と言う言葉にはっとする町子さん。イシさんにケンカの原因を聞かれても答えない登くん。気になりますねぇ。。
センセが帰ってくる。おじいちゃんの姿がないのでたずねると、イシさんは「出かけてる…」とあきらめたように言う。ため息をつくセンセ。
 
晩酌タイム。登くんがケンカしたことを聞いてもセンセは「ほっとけほっとけ、男の子やがな」といつもの調子。町子さんは、イシさんが登くんのケンカの相手のことを心配したことに目からうろこだったようで。徳永家は、おじいちゃんも昭一さんも血の気が多いそうで、ジェントルマンはセンセだけらしい(笑)町子さんもおじいちゃんが最近、外で飲んでいることを気にしているみたい。
 
数日後。居間で子供たちがウルトライダーごっこをしている。それをニコニコ見ている町子さんと純子さん。「なんやえらい騒ぎやねぇ」と白衣を着た晴子さんがやってくる。抽選でしか当たらないウルトライダーの剣を編集者の人が送ってくれた、と聞いて「さすが有名人の特権やね」とチクチク。それを聞いてつらそうな顔をする町子さん。空気を察して町子さんの代わりに、頼んだのではないと弁解する純子さん。
子供たちも純子さんたちも居間を出てゆく。そんな時、電話が鳴る。りんさんからだ。おじいちゃんが新しい提灯を…買ってあげたのかな?寝耳に水の町子さん。また問題発生?
明日はいよいよあのお方も登場(*^o^*)楽しみだぁ♪

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
一真 石田太郎
徳永イシ 岩本多代
りん イーデス・ハンソン
工藤貞男 荒谷清水
和田秋恵 三島ゆり子
工藤タエ 桂あやめ
鈴木 稲森誠
晴美 美晴
取材に来た男 田中勲
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
徳永亜紀 畑未夢
NAC
キャストプラン
グレース
劇団東俳
劇団ひまわり
日本芸能センター

徳永喜八郎 小島慶四郎
矢木沢純子 いしだあゆみ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]