忍者ブログ
NHK 連続テレビ小説「芋たこなんきん」視聴記
◆オバQじゃないよ
◆カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◆最新コメント
[08/24 女子高生]
[08/17 セフレ]
[06/17 家出サイト]
[05/20 ばこやん]
[04/27 かりん]
◆バーコード
◆ブログ内検索
◆アクセスカウンター
◆アクセス解析
[82]  [79]  [78]  [81]  [77]  [76]  [75]  [80]  [74]  [73]  [71
2017/07/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/22 (Wed)
<あらすじ>喜八郎(小島慶四郎)が、作業員らしき男2人を連れて、家に帰ってくる。そして酒を振る舞い、家に泊める。翌日、喜八郎に問いただすと、寝るところがなくて困っていたからだという。そんなとき、今度は町子(藤山直美)に珍しいお客がやってくる。町子の先輩作家である池内(板尾創路)が、子どもたちに人気のテレビドラマでヒーローを演じている俳優、河原崎(海部剛史)を連れてきたのだ。居合わせた隆(土井洋輝)は驚くが…。

徳永家居間。おでん屋のりんさんからの電話を受けた町子さんは、提灯が壊される事件があったことを知ってしまいます。おじいちゃんが新しい提灯をプレゼントしたことも。。たこ芳では、突然、おじいちゃんが真新しい提灯を置いていったので困惑しているりんさん。
 
診察室前。「なんで隠してたん?なんで言うてくれへんかったの?」とセンセに聞く町子さん。「別に隠してたわけやない…」とセンセ。そして、くよくよしている町子さんに「アンタのせいやない、嫌がらせする奴のほうが悪い」と。うんうん、そうだよね。
すっかり落ち込んでいる町子さん、とぼとぼと廊下を進む。診察室にいったんは入ったセンセだが、町子さんの後姿を見て「喜んではったで、おりんさん。若い子がなぁ、おばちゃんとこの関東炊きおいしいおいしいって言うてくれた、って。みゆき館も喜んどった」と笑顔で言う。センセを見つめる町子さん。
 
<センセの名ゼリフ>
「ええことも悪いことも両方あんねん。表があったら裏がある。それで人生、トントンや」
 
「トントン?」とつぶやく町子さんに、笑顔でこっくりうなずくセンセ。ポケットに手を突っ込み診察室に去ってゆく。かっこええ~!!(^o^)センセを見送る町子さんの前を、子供たちがライダー剣を持って走ってゆく。少し微笑んで、「ええことと、悪いことか…」とつぶやく。
 
夜、居間。平たい紙箱の中から、手作りのウルトライダーのお面を取り出し「ライダー見参、か…」とセンセ。たこ芳のことは気にするなと言われ、はい、とうなずく町子さん。センセにはおじいちゃんが贈った提灯のほうが気がかり。おせっかいなことして、とおじいちゃんの話をしているところに噂の主が大きな声で帰ってくる。玄関に集まってくるセンセと町子さん、そして晴子さん。おじいちゃんはかなり酔っているらしく、晴子さんが止めるのも聞かず、連れてきた作業員風の男を家に招きいれる。町子さんたちが呆然と見ている前で酒盛りを始めるおじいちゃんたち。晴子さん、今週はかなりのお怒りモードですね(^^ゞ
 
朝。子供たちを学校に送り出す町子さん。昨日とは違って元気いっぱいに手を振って見送る。居間では、おじいちゃんが昨夜の弁解をしている。晴子さん、睨んではる…こわ~(^^ゞイシさんは情けない、って表情。町子さんが戻ってくる。「どこから連れてきたん?」ときつい口調で晴子さん。おじいちゃん、焼き鳥屋とたこ芳をハシゴしたらしい。たこ芳、と言う言葉でセンセ、おじいちゃんが新しい提灯を持っていったことを話し出す。おじいちゃんにお金渡すなとか、ここのとこ、おじいちゃんにきついねぇ、晴子さん。。
純子さんが明るい挨拶で顔を出す。が、深刻な家族会議らしい様子を見て、静かに仕事部屋に向かう。「ほな、わし…」と席を立つおじいちゃん。逃げるのかと思ったらお便所かいな(^^ゞまだ話は終わってない、と晴子さん。そして、ため息をつく徳永家の皆さん。
と、そこに純子さんのギャッ!という叫び声。はっ、と何かに気づいた町子さん。おじいちゃんが連れてきた男の人、町子さんの仕事部屋で泊まっていったんですね(^^ゞあれれ、お便所に行ったはずのおじいちゃん、徳永医院の前で陽気に体操してるし(^^ゞ
 
廊下。町子さんにおじいちゃんのお客のことをわびるセンセ。いいえ、と言いながら思い出し笑いをする町子さん。昔バアバア婆ちゃんが、お友達や親戚が来るたびに家に泊めてたそうで。町子さんが朝起きたら、知らないおばあちゃんが家の中をウロウロ(^O^)だから突然のお客にも慣れてるみたい。「お父さんのこと、あんまり怒らんといてあげてね」と町子さん。黙って考え事をしているセンセ。
 
その日の午後。久しぶりに池内センセが町子さんを訪ねてくる。連れの男性は…海部さんだぁ(^O^)応接間に通された池内センセと男性。町子さんはこの男性をどこかで見覚えがあるみたい。池内センセに子役時代からお世話になっている俳優で河原崎(けんすけ)というらしい。「ああっ!」と声を出す町子さん、男性を指刺しながら必死に思い出そうとしている。おもむろに立ち上がりポーズをとる河原崎さん。「ウルトライダーや!」と町子さん。河原崎さんはお母さんもお姉さんも町子さんの小説のファンだそうですね(^-^)
ひょっこりセンセが顔を出す。「健次郎さん、この方」と、ウルトライダーのポーズをまねて見せるが、全然違うし、へっぽこな格闘技のかたみたい(^O^)案の定センセには、なんのことだかさっぱり(笑)
 
徳永家に続く路地。登くんが友達たちと歩いてくるが、様子が変。作家の子なのに、漢字テストで0点とったと馬鹿にされている登くん。「うるさい!」と怒って友達を追いかける登くん。血の気が多いのね(^^ゞ
 
応接間。談笑しているところに純子さんが町子さんに電話を取り次ぎに来る。ではちょっと、と出てゆく町子さん。さっと立ち上がり頭を下げる河原崎さん、好青年である(^O^)
突然、隆くんがライダー剣を持って飛び込んでくる。そして例の「ウルトライダー見・参!」をする。笑顔でしてやったりの隆くんだったが、河原崎さんを見て「あ」と声を出す。「ウ、ル…」と驚いている隆くんに「お名前は?」と聞く河原崎さん。「3年5組、徳永隆!」と緊張しながらも、はきはき答える隆くんに、今度のショーに招待すると言う河原崎さん。「ウルトライダーはおばちゃんの友達」という池内センセの言葉に驚きのあまり固まってしまう隆くん(笑)
 
仕事部屋。あれ?いつのまにか電話が引いてある(^-^)電話を切り、メモを取っていると由利子ちゃんの「またケンカしたん?」という声が聞こえてくる。玄関に向かう町子さんは、由利子ちゃんの「作家の子と、僕の0点は関係ないって言うたらすむことやんか」と登くんに言っているのを聞いてしまう。あわてて隠れる町子さん、ため息をつく。
 
診療所待合室。おじいちゃんと昨夜の作業員風の男が座っている。男、ぼーっとしている。イシさんと鯛子さんが見に来る。この男、お金も保険証も持ち合わせてないらしい。センセもやってきて、男の様子を見て診察室に来るように言う。鯛子さんは困惑気味。おじいちゃんが男を連れて行こうとするが、ふらふらでまったく歩けない。イシさんも協力する。
 
診察室。男を診察して「栄養失調と貧血。それとたぶん肝機能障害やな」と診断を下すセンセ。「酒ばっかり飲んで満足に食べてないやろ」とセンセに言われ、痛いとこ突かれた、とばかりに顔をそむける男。また診せに来てほしいと言われ保険証を持っていないと言い出す男。おじいちゃんいわく、公園で寝泊りしているから住所不定、ということらしい。困ったなぁ、とため息をつくセンセ。
 
晩酌タイム(^-^)漢字テストで0点取ったのをからかわれてケンカした登くんのことを話し合っている。自分のことが原因でけんかになった、とクヨクヨしている町子さんをおおらかに慰めるセンセ。
「人生はトントンや…」としみじみしている町子さん。「で、毎日シーソー。きょうはね、悪いことのほうが重たかったんやね」と言う町子さんに<町子先生、分かってきたね>と言わんばかりににやっとしてセンセ「明日もシーソー、あさってもシーソー。ギッコンバッタン、ギッコンバッタン」と首をシーソーのように振りながら笑う。こういうときのセンセって大きく見えますね(^-^)
明日のシーソーはどちらにかたむくのかな?

<きょうの出演>
花岡町子 藤山直美
徳永健次郎 國村隼
徳永晴子 田畑智子
徳永イシ 岩本多代
片平鯛子 小西美帆
りん イーデス・ハンソン
池内幸三 板尾創路
河原崎 海部剛史
牛山 坂俊一 
徳永由利子 土岐明里
徳永清志 小椋悠聖
徳永登 神保守 
徳永隆 土井洋輝
キャストプラン
川村広輝
西花隆弘

徳永喜八郎 小島慶四郎
矢木沢純子 いしだあゆみ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>スヌーさん
名古屋では「ギッタンバッコン」です(^O^)
微妙に違いますね♪
隆くん、大物になりそう(^-^)
とく URL 2006/11/23(Thu)01:28:22 編集
ぎっこんばったん!
『人生はシーソー』
たしかにそうですね~
ところで、大阪は「ぎっこんばったん」ですが、そちらではなんて言うんですか?まさか、全国区ではないですよね?(笑
ウルトライダーは笑いました!隆くん、ホントに可愛らしいですね~(^-^)
スヌー 2006/11/23(Thu)01:11:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ただ今の時刻は…
連続テレビ小説    「芋たこなんきん」
2006年10月2日スタート!
全151話


総合:毎週月曜~土曜
午前8時15分~
BShi:毎週月曜~土曜
午前7時45分~
BS2:毎週月曜~土曜
午前7時30分~


<再放送>
総合・デジタル総合
月曜~土曜
午後0時45分~1時00分
衛星第2
月曜~土曜
午後7時30分~7時45分
土曜
午前9時30分~11時00分
(1週間分をまとめて放送)


@「芋たこなんきん」
公式ページ
◆キャスト
■昭和40年~

花岡町子・・・・・・・藤山直美
徳永健次郎・・・・・・・國村隼
花岡和代・・・・・・・香川京子
北村孝子・・・・・・メイサツキ
花岡信夫・・・・・・・西興一朗
矢木沢純子・・いしだあゆみ
徳永喜八郎・・・小島慶四郎
徳永イシ・・・・・・・岩本多代
徳永晴子・・・・・・・田畑智子
徳永昭一・・・・・・・火野正平
片平鯛子・・・・・・・小西美帆
大崎俊平・・・・・・・櫻木健一
大崎佐和子・瀬戸カトリーヌ
りん・・・・イーデス・ハンソン
一真・・・・・・・・・・・石田太郎
工藤貞男・・・・・・・荒谷清水
神田みすず・・・・・・・・・友近
小川秀雄・・・・・・・上杉祥三
池内幸三・・・・・・・板尾創路
千葉龍太郎・・・・・筒井康隆

■町子・少女編
昭和13~20年
花岡町子(10歳~)山崎奈々
花岡町子(15歳~)尾高杏奈
花岡徳一・・・・・・・・・城島茂
花岡和代・・・・・・・鈴木杏樹
花岡ウメ・・・・・・・・淡島千景
花岡常太郎・・・・・岸辺一徳
花岡イト・・・・・・・・宮田圭子
信次・・・・・・・・・・・・宮崎将
花岡茂・・・・・・・・西川忠志
花岡文代・・・・・・・増田未亜
花岡昌江・・・・・尾野真千子
亀田・・・・・・・・・・山下徹大
浦田・・・・・・・・・にわつとむ
◆スタッフ
原案・題字 田辺聖子
脚本 長川千佳子
音楽 栗山和樹
語り 住田功一アナ
制作統括 一井久司  
◆主題歌
◆挿入歌
林 明日香
「心のままに」

2007年3月21日発売

2007年1月15日~の週に、
ちはる役として出演も!
◆サウンドトラック
◆ドラマガイド
◆ノベライズ


◆田辺聖子作品
忍者ブログ * [PR]